イベントを探す?

  • 2017年9月13日(水)〜2017年9月25日(月)

『北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展』

1931年にスウェーデンで生まれた陶芸家のリサ・ラーソン。大学卒業後にスウェーデンを代表する陶芸家スティグ・リンドベリにスカウトされ、当時スウェーデン最大の陶芸製作会社だったグスタフスベリ社に入社し、26年間の在籍中に動物シリーズをはじめとする約320種類の作品を発表した。退社後はフリーデザイナーとして国外でも活動し、1992年にケラミックスタジオ・グスタフスベリ社を設立。近年も作品の復刻や新作の発表、日本の窯元とのコラボレーションなど作品の発表を続けている。

2016年にスウェーデン・ヨーテボリのロェースカ美術工芸博物館で開催された『リサ・ラーソンの作陶60年』展の出品作品をベースにした『北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展』。初期から近年の代表作約130点をテーマ別に展示するほか、リサ・ラーソンが所蔵する1点ものの作品や、初展示となる画家でアーティストの夫グンナル・ラーソンの作品約60点を紹介する。

『北欧を愛するすべての人へ リサ・ラーソン展』

2017年9月13日(水)~9月25日(月)
会場:東京都 松屋銀座 8階イベントスクエア
時間:10:00~20:00(最終日は17:00まで、入場は閉場の30分前まで)
料金:一般1,000円 高校生700円 中学生500円 小学生300円

続きを見る
  • リサ・ラーソン『Mia Cat from the Big Zoo series.』(Manufactured from 1966, this copy made at Keramikstudion 1990.)作品所蔵:個人蔵、スウェーデン 作品画像:©Lisa Larson/Alvaro Campo
    リサ・ラーソン『Mia Cat from the Big Zoo series.』(Manufactured from 1966, this copy made at Keramikstudion 1990.)作品所蔵:個人蔵、スウェーデン 作品画像:©Lisa Larson/Alvaro Campo
  • リサ・ラーソン『マイキー』(未出展) ©LISA LARSON
    リサ・ラーソン『マイキー』(未出展) ©LISA LARSON
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)