イベントを探す?

  • 2017年9月16日(土)〜2017年9月29日(金)

『第39回ぴあフィルムフェスティバル』

『第39回ぴあフィルムフェスティバル』は、9月16日から東京・京橋の国立近代美術館フィルムセンターで開催される上映企画。コンペティション部門の「PFFアワード2017」では応募作品548本から選出された17本の入選作品が上映され、最終日の9月29日に各賞が発表される。最終審査員を務めるのは李相日、永井拓郎、市川実日子、横浜聡子を含む5人。残る1人の審査員は後日発表される。

プログラム『映画の闘い/闘いの映画』では、オープニング作品として寺山修司原作の『あゝ、荒野』前編と後編を一挙上映。またラヴ・ディアス、パトリシオ・グスマン、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤンらの監督作や、『仁義なき戦い』シリーズなどがラインナップに並ぶ。『生誕100年記念特集上映 何度でも!メルヴィル』ではフランスの映画作家ジャン=ピエール・メルヴィル監督による5作品をピックアップする。

鈴木卓爾と矢口史靖が制作している、制限を設けた習作的な短編映画の形式「ワンピース」を取り上げるプログラムでは、両監督の過去作品に加え、黒川幸則、深田晃司、今泉力哉、三宅唱らが「ワンピース」に挑戦した新作を上映。また期間中には山戸結希と塩田明彦、原恵一と橋口亮輔による上映とトークのイベントも実施される。さらに特別上映作品として『ロカルノ国際映画祭』出品が決定している二ノ宮隆太郎監督の『枝葉のこと』、クロージング作品として「第24回PFFスカラシップ作品」である小田学監督『サイモン&タダタカシ』が上映される。

前売チケットは8月26日10:00にチケットぴあで発売。詳細は『ぴあフィルムフェスティバル』のウェブサイトをチェックしよう。

『第39回ぴあフィルムフェスティバル』

2017年9月16日(土)~9月29日(金)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター

  • 『第39回ぴあフィルムフェスティバル』メインビジュアル
    『第39回ぴあフィルムフェスティバル』メインビジュアル
  • 李相日
    李相日
  • 市川実日子
    市川実日子
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年