イベントを探す?

  • 2017年9月16日(土)〜2017年9月18日(月)

『仙台短篇映画祭2017』

『仙台短篇映画祭2017』イメージビジュアル
『仙台短篇映画祭2017』イメージビジュアル

私たち仙台短篇映画祭実行委員会は、仙台市内の社会人・学生を中心とした有志によって構成された団体です。仙台市内ではスクリーン上映される機会の少ない「短篇映画」をぜひ多くの人たちに観てもらいたいという思いから、仙台ムービーアクトプロジェクトを前身として、2001年11月から仙台短篇映画祭を開催しています。

今年も気鋭の新作、往年の秀作達がスクリーンに集います。多くの才能、それぞれの映画が生み出す「今」、そして「これから」を感じてください。(『仙台短篇映画祭2017』ウェブサイトより)

『仙台短篇映画祭2017』

2017年9月16日(土)~9月18日(月・祝)
会場:宮城県 せんだいメディアテーク
上映作品:
『人生フルーツ』(監督:伏原健之)
『居酒屋ばぁば』(ディレクター:伏原健之)
『アナへの2通の手紙』(監督:ホセ・ルイス・ゲリン)
『ある朝の思い出』(監督:ホセ・ルイス・ゲリン)
『サン=ルイ大聖堂の奴隷船サフィール号』(監督:ホセ・ルイス・ゲリン)
『思い出』(監督:ホセ・ルイス・ゲリン)
『イノセント15』(監督:甲斐博和)
『黄色い花 一束 二時頃(仮)』(監督:越川道夫)
『wind chime』(監督:緑茶麻悠)
『恋のバッハ狂騒』(監督:野口航)
『岸辺の部屋』(監督:小辻陽平)
『ワンピースプロジェクト仙台特別編』(監督:矢口史靖、鈴木卓爾)
『311明日』(監督:入江悠)
『鍋と友達』(監督:沖田修一)
『鷹匠』(監督:沖田修一)
『ひとみちゃん』(監督:守屋文雄)
『スカイダイビングNo.1』(監督:守屋文雄)
『美しい星』(監督:吉田大八)
『ふうせん ふふふ、そら ららら』(監督:片岡翔)
ほか
料金:1プログラム券1,000円 3プログラム回数券2,500円 全日フリーパス4,000円

続きを見る
  • 左から鈴木卓爾、矢口史靖 ©矢口史靖&鈴木卓爾
    左から鈴木卓爾、矢口史靖 ©矢口史靖&鈴木卓爾
  • 『イノセント15』©2016『イノセント15』製作委員会
    『イノセント15』©2016『イノセント15』製作委員会
  • 『居酒屋ばぁば』©東海テレビ放送
    『居酒屋ばぁば』©東海テレビ放送
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像