イベントを探す?

  • 2017年9月22日(金)〜2017年10月9日(月)

『新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち』

笹岡啓子『PARK CITY』2016 ©Keiko Sasaoka
笹岡啓子『PARK CITY』2016 ©Keiko Sasaoka

「新・今日の作家展」は横浜市民ギャラリーが開館した1964年から開催してきた年次の現代美術展「今日の作家展」(~2006年)の名を冠し、昨年より再始動した現代美術の動向を紹介する展覧会です。本年は「キオクのかたち/キロクのかたち」をテーマに、土地や歴史の調査、人々へのインタビューなど、自己の外部にあるもの・過去の事物との接触を制作過程に取り入れて作品を発表する作家を紹介します。失われてしまったものや時を経て変化したものの記録、人々の中に息づく記憶が、作家というフィルターを通して作品へとかたちを結びます。また、その作品が新たな記録の役割をも担っていきます。自身のルーツや常識外の現象などへの関心を掘り下げ、多角的に調査しインスタレーションをおこなう久保ガエタン(1988年生まれ)。2012年より陸前高田、2015年から仙台を拠点とし、現地を中心に人々にインタビューを行い制作する映像作家の小森はるか(1989年生まれ)と画家の瀬尾夏美(1988年生まれ)。各地の捕鯨文化や狩猟・漁労文化についてオーラルヒストリーを収集し手工芸やリトルプレスのかたちで発表する是恒さくら(1986年生まれ)。出身地の広島について考察した写真の発表、東日本大震災の被災地を含む日本各地での撮影を通じ、災害から復興を遂げる場所に向き合ってきた写真家の笹岡啓子(1978年生まれ)。記憶・記録へのまなざしは様々です。彼らの作品に触れることは、“いま”や“わたしたち”を見つめ直す契機となることでしょう。(横浜市民ギャラリーウェブサイトより)

『新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち』

2017年9月22日(金)~10月9日(月・祝)
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリー
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
参加作家:
久保ガエタン
小森はるか+瀬尾夏美
是恒さくら
笹岡啓子
料金:無料

是恒さくらパフォーマンス『「ありふれたくじら」を読む』
2017年9月23日(土・祝)、24日(日)
時間:13:00~13:30
料金:無料

クロストーク『継承のかたち』
2017年9月23日(土・祝)
時間:14:30~16:00
登壇:
小森はるか+瀬尾夏美
山本唯人(青山学院女子短期大学)
料金:無料

対談『1,2,3,太陽!』
2017年9月24日(日)
時間:14:30~16:00
登壇:
久保ガエタン
山川冬樹
料金:無料

クロストーク『爆心地の写真』
2017年10月1日(日)
時間:14:30~16:00
登壇:
笹岡啓子
倉石信乃(明治大学)
小原真史
料金:無料

学芸員によるギャラリートーク
2017年9月30日(土)
時間:14:00~14:30
料金:無料

続きを見る
  • 久保ガエタン『僕の体が僕の実験室です。あるいはそれを地球偶然管理局と呼ぶ。』(2017)より展覧会風景 Courtesy of the artist and Kodama Gallery
    久保ガエタン『僕の体が僕の実験室です。あるいはそれを地球偶然管理局と呼ぶ。』(2017)より展覧会風景 Courtesy of the artist and Kodama Gallery
  • 小森はるか+瀬尾夏美『波のした、土のうえ―置き忘れた声を聞きに行く』映像 24分
 2014
    小森はるか+瀬尾夏美『波のした、土のうえ―置き忘れた声を聞きに行く』映像 24分 2014
  • 是恒さくら 『ありふれたくじら』Vol.1 原画刺繍(部分) 布、糸 2016 撮影=根岸功
    是恒さくら 『ありふれたくじら』Vol.1 原画刺繍(部分) 布、糸 2016 撮影=根岸功
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー