イベントを探す?

  • 2017年10月6日(金)〜2017年11月4日(土)

urauny『uuuurrrraaaauuuunnnnyyyy』

『uuuurrrraaaauuuunnnnyyyy』メインビジュアル 2017
『uuuurrrraaaauuuunnnnyyyy』メインビジュアル 2017

uraunyは、インターネットを物理的なメディアの伝達機器ではなくメディアを表像させる事象と定義し、自身をポストインターネット時代の表現者と位置付けています。uraunyは表現において何かをはっきりと明示することを避けます。性別や年齢、国籍など明言せず、すべての展覧会のタイトルを内容と切り離しuraunyとしています。活動の場は、『わたしたちの芸術をみつめるパープルーム』(2017、AWAJI Cafe & Gallery)、『カオス*ラウンジ新芸術祭2016 市街劇「地獄の門」』(2016、福島県いわき市)といった現代美術の領域の他にも、アパレルブランドchlomaとのコラボレーションやゲーム開発など多岐にわたっています。

今回の展覧会では、アーティストがak.、磯崎隼士、小宮麻吏奈を含む4人となることで、タイトルの「urauny」展は増幅し、「uuuurrrraaaauuuunnnnyyyy」となりました。uraunyの通底する制作テーマは「コンプレックスをポジティブに変換する」。ここで言うコンプレックスとは個人的な劣等感の他に、差別と言われるような社会制度によって抗えず持ってしまう感情も含まれます。その差別を受けるのはマイノリティだけではなく、物言わぬ大衆、サイレントマジョリティも含まれるとuraunyは言います。uraunyは世界平和を願う世論と、その正しさに飽き飽きしている世論とが互いを抑圧する社会状況が起きていると考え、それらのポジティブな変換を試みます。

本展は個人的な感情を入り口に社会構造への介入を試み、ギャラリー空間をインターネットをベースとした仮想世界に見立てます。uraunyの考える仮想世界は商品棚の並ぶショップで、商品は特殊なVAPE(ニコチンのない電子タバコ)です。そのVAPEで味わうのは、タバコではなく人間の体液で、VAPE本体は皮膚のようなマテリアルを纏っています。身体性の希薄な仮想世界で行われるカニバリズムは、どのような儀式となりうるのでしょうか。人間を食べるという行為は、生理的な嫌悪感と同時にその人間を自分に取り込みたいという欲望も掻き立てられます。uraunyは視覚情報の他に、触覚、聴覚、嗅覚、そして味覚である口腔から他者を知ることで、世界とつながろうとします。

仮想世界のハイパーリンクとは異なり、現実のショップでは意思を持たずとも物理的な陳列がされます。物理的な配列は図らずとも上下や意味を生み出します。オブジェクトはその配列をする権利のある人間、その配列を受け入れる、閲覧する人間というある種の権力構造も生み出します。今回そのルールを作るのはuraunyです。権力構造そのものをuraunyが作り、一方でカニバリズムという儀式でその構造の変容を試みます。それはルールではなくメタモルフォーズ(変容)によって、世界を作り変えると言わんばかりです。uraaunyは世界のコンプレックスをカニバリズムにより、ポジティブに変換します。是非uraunyによる新たな世界の表現をご体感ください。(プレスリリースより)

urauny
『uuuurrrraaaauuuunnnnyyyy』

2017年10月6日(金)~11月4日(土)
会場:東京都 六本木 SNOW Contemporary
時間:13:00~19:00
休廊日:日、月、火曜、祝日
料金:無料

続きを見る
  • 『スカイダンサー』2017 AWAJI Cafe and Gallery
    『スカイダンサー』2017 AWAJI Cafe and Gallery
  • 『人工知能の匂いの香水』 2017 Photo by Reiko Sakuma
    『人工知能の匂いの香水』 2017 Photo by Reiko Sakuma
  • 展示風景 2016
    展示風景 2016 "meee" Gallery Tokyo
  • 展示風景 2016 ギャラリー懐美館
    展示風景 2016 ギャラリー懐美館
  • 『chloma 17AW collection』展示風景 2017 BLOCK HOUSE Photo by Reiko Sakuma
    『chloma 17AW collection』展示風景 2017 BLOCK HOUSE Photo by Reiko Sakuma
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年