イベントを探す?

  • 2017年10月7日(土)〜2018年3月31日(土)

『アートはサイエンスII-Art is ScienceII-』

この夏、“科学技術の発展によって新たに生まれる芸術表現”に着目した企画展「アートはサイエンス」を開催。今回の「アートはサイエンスⅡ」では再び科学と美術の結びつきを模索します。

20世紀初頭から戦後の前衛の時代には、科学技術が実験的な試みとして芸術作品の中に登場しました。今日の多様化した現代美術では作家の表現のひとつ、また技術の一環として当然のように科学技術が用いられています。

そして、科学技術の進歩と足並みを揃える形で美術の可能性も押し広げられてきました。

1973年にイギリスの芸術家ハロルド・コーエン(1928-2016)はロボット「アーロン」を生み、コンピューターによる描画実験を繰り返し行いました。

それは人間がうむ線描や色彩という芸術表現を追求する試みであったのと同時に、コンピューターが自ら学び進化する、人口知能による創作でもありました。

また、実験音楽で知られるジョン・ケージ(1912-1992)はラジオを用いて曲を奏でる《ラジオ・ミュージック》(1958)やマイクロフォンの集音の特性を活かした《カートリッジ・ミュージック》(1960)など、機械とその性能を利用した前衛音楽作品を発表しました。

本展覧会では時に斬新に。時に奇妙にも感じられるこれらの作品を、固定概念を打ち壊し、常に新しいことに挑戦してきた芸術家たちが成し得た新時代の芸術として紹介します。(プレスリリースより)

『アートはサイエンスII-Art is ScienceII-』

2017年10月7日(土)~2018年3月31日(土)
会場:長野県 軽井沢ニューアートミュージアム
時間:10:00~17:00
出展作家:
ハロルド・コーエン
Mike Tyka
河口洋一郎
靉嘔
千田泰広
ジョン・ケージ
Fukui Tetsuya
松岡亮
伊東篤宏
daisy*(稲垣匡人)
休館日:火曜(祝日の場合は翌日)
料金:一般1,200円 65歳以上・高大生900円 中・小学生600円

続きを見る
  • 『アートはサイエンスII-Art is ScienceII-』フライヤービジュアル
    『アートはサイエンスII-Art is ScienceII-』フライヤービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年