イベントを探す?

  • 2017年10月13日(金)〜2017年11月10日(金)

『丸の内ピカデリー爆音映画祭』

『丸の内ピカデリー爆音映画祭』メインビジュアル
『丸の内ピカデリー爆音映画祭』メインビジュアル

SF映画史上最高の傑作として公開あと30年以上ものあいだ語り継がれるリドリー・スコット監督の「ブレードランナー」(82)。その待望の続編「ブレードランナー 2049」の公開を記念して、「ブレードランナー 2049」そして「ブレードランナーファイナル・カット」の初爆音上映が決定!また映画愛に溢れ、繊細かつアーティスティックなプロデュースで定評のある樋口氏が、スタンリー・キューブリック、クリント・イーストウッド、クリストファー・ノーランの傑作など、これぞ“爆音”で堪能してほしいと考える名だたる豪華名作の数々を、新作・旧作織り交ぜ選出し、作品それぞれに適した音響調整を実施。迫力のあるシーンは、よりダイナミックに、緊張感のあるシーンは、よりきめ細やかになるよう、作品、シーンそれぞれに合わせ、繊細に音量・音圧を調整していくことで、これまでには決して体験することのできなかった新たな感動を創造します。映画は“音”で、もっと楽しめる!「丸の内ピカデリー爆音映画祭」をお楽しみに‼(プレスリリースより)

『丸の内ピカデリー爆音映画祭』

2017年10月13日(金)~11月10日(金)
会場:東京都 丸の内ピカデリー
上映作品:
『ブレードランナー 2049』(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
『ブレードランナー ファイナル・カット』(監督:リドリー・スコット)
『ダンケルク』(監督:クリストファー・ノーラン)
『インターステラー』(監督:クリストファー・ノーラン)
『インセプション』(監督:クリストファー・ノーラン)
『フルメタル・ジャケット』(監督:スタンリー・キューブリック)
『2001年宇宙の旅』(監督:スタンリー・キューブリック)
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(監督:ジョージ・ミラー)
『マッドマックス2』(監督:ジョージ・ミラー)
『ハドソン川の奇跡』(監督:クリント・イーストウッド)
『ジャージー・ボーイズ』(監督:クリント・イーストウッド)
『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』(監督:アンドレス・ムシェッティ)
『悪魔のいけにえ』(監督:トビー・フーパー)
『地獄の黙示録 劇場公開版』(監督:フランシス・フォード・コッポラ)
『キングスマン』(監督:マシュー・ヴォーン)
『メッセージ』(監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
『あゝ、荒野<前篇・後篇>』(監督:岸善幸)
『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(監督:河森正治、石黒昇)
『この世界の片隅に』(監督:片渕須直)

続きを見る
  • 『ブレードランナー 2049』
    『ブレードランナー 2049』
  • 『2001年宇宙の旅』 ©2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
    『2001年宇宙の旅』 ©2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『メッセージ』
    『メッセージ』
  • 『あゝ、荒野 前篇/後篇』©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
    『あゝ、荒野 前篇/後篇』©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ
  • 『IT イット“それ”が見えたら、終わり。』
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
    『IT イット“それ”が見えたら、終わり。』 ©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『この世界の片隅に』©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
    『この世界の片隅に』©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年