イベントを探す?

  • 2017年10月20日(金)〜2017年11月4日(土)

篠田守男×明和電機『空飛ぶ工場』

「テンションとコンプレッション」をテーマに、精密な機械のような彫刻を制作する篠田守男と、数々のナンセンスマシーンを開発し、そのマスプロダクト化や大衆へのパフォーマンスを行う明和電機のグループ展を開催します。

明和電機社長・土佐信道は、大学時代、篠田守男を指導教官とし、機械加工技術だけではなく金属彫刻のフェティシズムを学び、それが現在の明和電機の立体造形の基盤となりました。

精密な金属彫刻をワイヤーで持ち上げることで重力から解放されたかのような作品を作り続ける篠田守男が、今回の展覧会に向けて制作しているのが「空飛ぶ工場・FLOATING INDUSTRY」をモチーフにした新作。この「FOATING」というイメージは明和電機の土佐信道にとって、幼少のころ実家が工場であり、その影響から、どこにも存在しない(=FLOATING)抽象企業・明和電機への設立とつながる部分があります。

異色の組み合わせに見える篠田守男と明和電機、その原点に共通する、機械とフェティシズムの哲学に、どうぞご期待ください。

入場自由のオープニングレセプションでは明和電機によるライブパフォーマンスを、そして10月22日には二人によるトークイベントを予定しております。篠田守男の貴重な日記帳を再現したアートブックを始め、展示に関連したグッズを扱う物販コーナーも設置予定です。(プレスリリースより)

篠田守男×明和電機
『空飛ぶ工場』

2017年10月20日(金)~11月4日(土)
会場:東京都 淡路町 AWAJI Cafe & Gallery
時間:11:00~19:00
休廊日:月、火曜
料金:無料

  • 篠田守男×明和電機『空飛ぶ工場』フライヤービジュアル
    篠田守男×明和電機『空飛ぶ工場』フライヤービジュアル
  • 明和電機
    明和電機
  • 明和電機作品
    明和電機作品
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー