イベントを探す?

  • 2017年10月24日(火)〜2017年12月22日(金)

アレキサンダー・ティネイ『Another part of me』

アレキサンダー・ティネイは1967年モルドバ生まれ。1991年キシナウ・レーピン・ステート・カレッジ・オブ・ファイン・アート卒業。身体にタトゥーのような青い線が描かれた若者達の肖像画で知られるアレキサンダー・ティネイ。彼の絵画に登場する人物は、雑誌やインターネット上のソーシャル・ネットワークから抽出した画像などをもとに描かれています。人物を元の世界から切り離し、現実と虚構の狭間のような世界に配置し直して、そこから新たな物語をつくり出します。

「私は誰なのか?」という哲学的な問いについて、ティネイはこれまで繰り返し考えてきました。彼が生まれ育ったモルドバは、ソビエト連邦の一部であった当時、ロシア語を話し、ロシアの英雄たちを受け入れ、強制的に他国の文化を押しつけられてきました。ティネイは過去を振り返り、モルドバの人々はその不当な要求を何の疑問もなく受け入れていたのではないかと感じています。

ティネイ特有の、皮膚に描かれたタトゥーのような青い線は、現代のファッションであると同時に人間の内面を表しています。一人一人に刻まれた記憶、あるいは恐れや痛みなど、そこには唯一無二であるべき人間の個性が宿っているのです。そして今、ティネイの関心は、その人間が置かれた環境、社会的背景へと向かっています。

日本で2回目の個展となる本展では、キャンバスに油彩で描かれた新作絵画10点余りを展示いたします。孤独、寂しさ、他者との関係性などを表現した作品群は、過去のドローイング作品"I collect all my tears"のシリーズとも関連しています。自身の作品が穏やかになることを許さないように、常に挑戦を続けるアレキサンダー・ティネイ。待望の新作をどうぞご高覧ください。(プレスリリースより)

アレキサンダー・ティネイ
『Another part of me』

2017年10月24日(火)~12月22日(金)
会場:東京都 清澄白河 ANDO GALLERY
時間:11:00~19:00
休館日:日、月曜、祝日

  • アレキサンダー・ティネイ『Moon brother』 2017 Oil on canvas 200 x 150cm
    アレキサンダー・ティネイ『Moon brother』 2017 Oil on canvas 200 x 150cm
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年