イベントを探す?

  • 2017年11月3日(金)〜2017年11月5日(日)

明日のアー『日本の表面』

『日本の表面』チラシビジュアル
『日本の表面』チラシビジュアル

Webのライター・動画作家である大北栄人主宰のコントユニット”明日のアー”が今まで以上に多様な出演者を迎えて11/3,4,5の三日間原宿VACANTにて第三回公演『日本の表面』を開催します。

今回は劇伴として男女デュオバンド"左右"が生演奏で参加します。 毎回身のまわりにいるおもしろい人を呼んでる出演者ですが、今年新たな出演者として劇伴も担当するバンド左右の二人(花池洋輝、桑原美穂)とトリプルファイヤーVo.の吉田靖直が出演しコントをします。花池と吉田はWebの動画シリーズ『花池吉田のともだち探そう』の縁で出演することになりました。同じく大北制作のWeb動画『なんでもレンジでチンする会』のデイリーポータルZ編集部古賀及子も初参加です。また前年のイラストを担当した謎の図シリーズで有名なイラストレーターよシまるシンもコントに出演します。

俳優としては宮部純子(五反田団/青年団)、八木光太郎(GERO)、テアトロコントのオーディションから参加の郷田明希の三名が参加。 そしておなじみとなった明日のアーでしか見られない俳優ではない方々。藤原浩一(デイリーポータルZ編集部)土屋遊(ライター/ブロガー)スミマサノリ(文筆家etc)トチアキタイヨウ(舞踏家)7A(モデル/ラジオMC)が出演します。

スタッフとして今年のメインビジュアルもよシまるシンさんが担当します。日本がルンバになりました。舞台美術には銭湯フェス『ア~の湯』や昇悟と純子も担当した佐々木文美(快快/FAIFAI)さん、今年の衣装も雪浦聖子さんが手がけるブランドsneeuwさんに提供していただきます。

2016第二回公演『猫の未来予想図Ⅱ』では「スカムとエモーション」をテーマにしてましたが、今回はアウトレイジと真逆の「全員善人」をテーマに、善人が日本の表層をいいね!しまくるコントを行います。 AIの都知事の下で暮らし、SNSの中毒となった我々がそこから抜け出るにはどうすればいいのか。ニッポンの現在地のどこかをいいね!すればウラ面に行けるスイッチがあるのではないか。そんな風に手当たりしだいにファボりまくります。(オフィシャルサイトより)

明日のアー
『日本の表面』

2017年11月3日(金・祝)~11月5日(日)
会場:東京都 原宿 VACANT
作・演出:大北栄人
出演:
八木光太郎
宮部純子
郷田明希
吉田靖直
花池洋輝
桑原美穂
藤原浩一
古賀及子
トチアキタイヨウ
7A
スミマサノリ
土屋遊
よシまるシン
料金:前売2,700円 当日3,000円(共にドリンク別)

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー