イベントを探す?

  • 2017年11月3日(金)〜2017年11月5日(日)

『カナザワ・フリンジ 2017』

『カナザワ・フリンジ 2017』ロゴ
『カナザワ・フリンジ 2017』ロゴ

『カナザワ・フリンジ 2017』がは、国内外から招聘されたアーティストやクリエイターが金沢に滞在しながら作品を制作するアーティストインレジデンスプログラム。今年は5つの新作を発表する。

プログラムは、料理人の稲田俊輔が『金沢奇妙弁当』の制作販売やトークを行なう『TEI-EN BENTO PROJECT』、自身もがん闘病経験を持つパフォーマーであるブライアン・ロベールが地元のがん経験者や患者、専門家と共に「がんにまつわる会話を遠慮なくできる安全で居心地のいい場所」を作り出す『Fun with Cancer Patients がん患者とがんトーク:金沢編』、ウェイ・シンエンによる、地元の人々の思う「情景としての金沢」を考察する参加型作品『Walk with Me』、路上生活経験者であるソケリッサ!のメンバーが空き家「あさのがわのいえ」に滞在し、体験型パフォーマンスを行なう『あさのがわのいえ』、なかむらくるみの展示、パフォーマンスと村住知也の展示を展開する『アーティストの目』の5つから構成。

各プログラムの詳細は金沢21世紀美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

『カナザワ・フリンジ 2017』

2017年11月3日(金・祝)~11月5日(日)
会場:石川県 金沢21世紀美術館、あさのがわのいえ、近江町市場、Kapo
時間:10:00~17:00(イベントにより異なる)
料金:無料
※一部有料イベント有り

  • 稲田俊輔
    稲田俊輔
  • 『Fun with Cancer Patients がん患者とがんトーク:金沢編』ビジュアル
    『Fun with Cancer Patients がん患者とがんトーク:金沢編』ビジュアル
  • ブライアン・ロベール photo: Christa Holka
    ブライアン・ロベール photo: Christa Holka
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会