イベントを探す?

  • 2017年11月18日(土)〜2017年12月1日(金)

『モトマチセレクション vol.52 映画に愛をこめて』

特集上映『モトマチセレクション vol.52 映画に愛をこめて』は、兵庫・神戸の元町映画館の不定期連続企画。52回目を迎える今回は映画を題材にした作品を特集する。

上映作品には、映画音楽の制作過程を、多くのヒット映画を題材に描くドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』、『エイリアン』の造形で『アカデミー賞』視覚効果賞を受賞したH・R・ギーガーの創作の背景に迫る『DARK STAR H・R・ギーガーの世界』、ブライアン・デ・パルマ監督が自身の作品について語ると共に、影響を受けた監督や作品にも言及する『デ・パルマ』、アウグスト・ピノチェト政権下のチリ・サンティアゴ郊外を舞台に、映画を観たことがない貧しい子供たちが映画の仕組みを学ぶ過程を記録した『100人の子どもたちが列車を待っている』など7本がラインナップしている。

会期中にはトークイベントやワークショップを実施。イベントおよび上映スケジュールなどの詳細は元町映画館のオフィシャルサイトで確認しよう。

『モトマチセレクション vol.52 映画に愛をこめて』

2017年11月18日(土)~12月1日(金)
会場:兵庫県 神戸 元町映画館
上映作品:
『映画よ、さようなら』(監督:フェデリコ・ベイロー)
『すばらしき映画音楽たち』(監督:マット・シュレーダー)
『DARK STAR H.R.ギーガーの世界』(監督:ベリンダ・サリン)
『デ・パルマ』(監督:ノア・バームバック、ジェイク・パルトロウ)
『劇場版 シネマ狂想曲~名古屋映画館革命~』(監督:樋口智彦)
『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』(監督:ダニエル・レイム)
『100人の子どもたちが列車を待っている』(監督:イグナシオ・アグエロ)

続きを見る
  • 『モトマチセレクション vol.52 映画に愛をこめて』チラシビジュアル
    『モトマチセレクション vol.52 映画に愛をこめて』チラシビジュアル
  • 『100人の子どもたちが列車を待っている』
    『100人の子どもたちが列車を待っている』
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと