イベントを探す?

  • 2017年12月1日(金)〜2017年12月2日(土)

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール『晩餐会 裸体の森へ 第二回』

お陰様をもちまして昨年に引き続き「晩餐会/裸体の森へ」を執り行う事となりまして、現状、本邦で唯一、ジャズ史上でもほとんど類例の無い、楽団長と料理長と選酒責任者がコラボレイトした晩餐会が継続する運びとなったのは禍福の至りです。初見の皆様には、これが通常の演奏会ではなく、食事(と葡萄酒)付きの、年に一度だけの晩餐会である旨、ドレスコード等ありませんが、晩餐会の賓客であられる旨、我々楽団、会場、料理、酒、お客様で作る宴席ですので、どうか御愉しみになりながら夜会服を選んで頂き、ご参加頂ければと願います。贅沢が敵ではない時代がいつまで続くか、続く限り共に楽しもうではありませんか。

前回と違いますのは、コース料理の御提供を、同時スタートではなく、御着席順にするという一種のカジュアルダウンで、宴席としての格式は若干下がりますが、時間的な御都合が合わない方等に対する配慮とさせて頂きます(乾杯は昨年同様、会場内一致で行います)。

今年、我々「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」の演奏はこの夜が最後となります。楽団全体のコンディションは言うまでもなく、食材と葡萄酒のコンディション、料理人のコンディション、店内音響や景観のコンディションも最上の状態に仕上げて参りますので、多くの皆様の御来場を心待ちにさせて頂きます。今、地球環境に最も必要な物、我々人類が地球に対して取るべき態度は、フォーマルである事です。厳密には、フォーマルの真の歓びがワイルドでセクシュアルである事の経験を嗜む事でしょう。(菊地成孔コメント・MOTION BLUE YOKOHAMAウェブサイトより)

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール
『晩餐会 裸体の森へ 第二回』

2017年12月1日(金)、12月2日(土)
会場:神奈川県 MOTION BLUE YOKOHAMA
料金:自由席18,000円 BOX席42,000円

  • 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール『晩餐会 裸体の森へ 第二回』ビジュアル
    菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール『晩餐会 裸体の森へ 第二回』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで