イベントを探す?

  • 2017年12月2日(土)〜2018年1月28日(日)

細倉真弓『JJuubbiilleeeee』

G/P gallery では、細倉真弓の個展『Jubilee』を開催いたします。細倉は静物やヌードのポートレートと東京郊外の風景を織り交ぜた作品で注目を浴び、近年ではその撮影範囲をアジアまで拡大しながらも一貫して被写体の繊細な美を力強く描き出す手腕で国内外より注目を浴びてきました。イメージの連鎖を用いて架空の物語を語る作品や、オブジェ、映像を組み合わせたインスタレーションなど新たな手法にも取り組んでいます。

今年9月には、アートビートパブリシャーズより、2012年から2017年の間に日本をはじめ台湾、香港など東アジアの各地で撮影した作品をまとめた写真集「Jubilee」を発行し、早くもヨーロッパを中心に高い評価を獲得しました。自らの原点であるポートレートによる表現に回帰しながらも、風景の中の文字、都会のかけら、若者の裸体、植物のテクスチャーなどが等しく丁寧に撮影され、巧みに使い分ける自然光やカラーフィルターの元で被写体の沸点が捉えられています。本作は、ロブグリエの小説の迷宮的フラッシュバックにインスピレーションを得て編集されており、イメージが変容と再生を繰り返し、静かに祝祭のビートを刻んでいくかのようです。

本展は「Jubilee」からの写真作品と、数点の新作映像を交えたインスターレションで構成されます。女性ヌードが独占する写真史において、初期の代表作「KAZAN」より、一貫して細倉は、男性ヌードに取り組むだけでなく、男性か女性か判断しづらい中性的な若者を積極的にモデルに起用するなど、セクシャリティやジェンダーの問題について示唆してきました。以降アジアの撮影を重ねていくなか、2015年よりはじめた月刊誌の連載「ルポ 川崎」の取材で、在日外国人コミュニティで多重な文化を背景に暮らす若者にもカメラを向ける機会もあり、国と国の境界が、だんだんとなくなっていったと言います。

今回展示する中国の地方都市廈門で撮影された映像作品では、近景と遠景で捉えた踊る青年の姿が前後が変化を繰り返すように重ねられ、時間軸が10倍にも引き伸ばされています。きらめくクラブの多彩な光に反応して、青年、その周りで踊る他者、そして遠景に収められたもうひとつの青年の姿・輪郭がそれぞれ侵食しあうイメージは、踊っている瞬間に我々が憶える主体的な意識や感覚が、周囲と一体化しあやふやになっていく様を思わせます。空間内に配置されたイメージが交差しあう度、男性/女性、生物/無機物、静/動といった境界の曖昧さが増してゆき、そのカテゴリーのありようを疑うようにと鑑賞者を誘います。ぜひご高覧ください。(G/P galleryウェブサイトより)

細倉真弓
『JJuubbiilleeeee』

2017年12月2日(土)~2018年1月28日(日)
会場:東京都 恵比寿 G/P gallery
時間:12:00~20:00(最終日は17:00まで)
休廊日:月曜
料金:無料

  • 『shadows of summer (Y)』 2012 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
    『shadows of summer (Y)』 2012 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
  • 『ikebukuro bed(G)』 2012 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
    『ikebukuro bed(G)』 2012 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
  • 『green hair』2015 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
    『green hair』2015 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
  • 『kissing (M)』2017 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
    『kissing (M)』2017 ©Mayumi Hosokura, Courtesy of G/P gallery
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. 実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場 1

    実写映画『BLEACH』本予告編に長澤まさみ、江口洋介、真野恵里菜ら初登場

  2. 『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開 2

    『銀魂2』正式タイトル&原作エピソード発表、新キャラのシルエットも公開

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント 4

    実写『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』に安達祐実、押井守らがコメント

  5. チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る 5

    チャットモンチーの素顔と尊さをDAWA、imai、MINORxUが語る

  6. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 6

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  7. 『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真 7

    『寝ても覚めても』東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史らのコメント&新写真

  8. 写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介 8

    写真展『行ける工場夜景展』に約200点超 実際に「行ける」工場だけを紹介

  9. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 9

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  10. 実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ 10

    実写『銀河鉄道999』PV公開 栗山千明×前田旺志郎の生放送ドラマ