イベントを探す?

  • 2017年12月5日(火)〜2018年3月3日(土)

『ストローブ=ユイレの軌跡 1962-2016』

映画による抵抗運動を続けるジャン・マリー・ストローブとダニエル・ユイレ。2006年、同志にして伴侶であったユイレを失った後も過激な映画制作を展開するストローブ。デジタル時代に入ってもその創作意欲は衰えを知らない。1962年の処女作『マホルカ=ムフ』から2016年の『目下の進捗状況は? ジャン=マリー・ストローブ』まで46作品を一挙上映。1985年のテレビ作品『四部の提案』も日本初公開。(アテネ・フランセ文化センターウェブサイトより)

『ストローブ=ユイレの軌跡 1962-2016』

2017年12月5日(火)~2018年3月3日(土)
会場:東京都 御茶ノ水 アテネ・フランセ文化センター
料金:
一般 1回券1,000円 3回券2,400円
アテネ・フランセ文化センター800円
※入れ替え制
※全作品日本語字幕付き
※本特集のチケット半券をお持ちの方はトークに参加可能

続きを見る
  • 『ストローブ=ユイレの軌跡 1962-2016』ビジュアル
    『ストローブ=ユイレの軌跡 1962-2016』ビジュアル
  • 『目下の進捗状況は? ジャン=マリー・ストローブ』
    『目下の進捗状況は? ジャン=マリー・ストローブ』
  • 『マホルカ=ムフ』
    『マホルカ=ムフ』
  • 『あの彼らの出会い』
    『あの彼らの出会い』
  • 『花婿、女優、そしてヒモ』
    『花婿、女優、そしてヒモ』
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー