イベントを探す?

  • 2017年12月9日(土)〜2018年2月12日(月)

『小杉武久 音楽のピクニック』

1960年、東京芸術大学音楽学部楽理科に在学していた小杉武久(1938-・東京生まれ)は、水野修孝、塩見允枝子、戸島美喜夫、拓殖元一、刀根康尚と共に世界で最初の集団即興演奏を行うグループ「グループ・音楽」を結成し、翌年、第一回公演「即興音楽と音響オブジェのコンサート」(草月会館ホール、東京)を開催、鮮烈なデビューを果たしました。

1965年に渡米後は「フルクサス」のメンバーとともにニューヨークを中心にパフォーマンスを行うほか、ヨーロッパ各地でコンサートを開催しました。1969年「タージ・マハル旅行団」を結成後は、国内外のロック・フェスティバルや現代音楽祭などに参加。1977年のアメリカ移住後は「マース・カニングハム舞踊団」の専属音楽家としてジョン・ケージ、デヴィッド・チュードアらと活動し、1995年から2011年まで同団の音楽監督を務めました。

個人としても世界各地でコンサートを開催するとともに、サウンド・インスタレーション作品を発表。近年では、あいちトリエンナーレ2016に参加。国際展では2015年に発表された最新作を含むインスタレーション作品を展示、パフォーミングアーツでは60年代から現在までの代表的作品を上演し大成功を収めました。

1996年に当館で開催した「小杉武久 音の世界 新しい夏」展では、1960年代から90年代までの代表作によるライブやインスタレーション作品から小杉の全貌に迫りました。それから約20年の時を過ぎた今、50年代から現在に至る活動を作品と貴重な資料で紹介し、小杉独自の「音の世界」の全貌をご覧いただきます。60年以上にわたり世界的に活躍する小杉武久の活動をとおして、現代音楽の歴史とこれからの未来について考察する機会にしたいと考えます。(プレスリリースより)

『小杉武久 音楽のピクニック』

2017年12月9日(土)~2018年2月12日(月・祝)
会場:兵庫県 芦屋市立美術博物館
時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌日休館、12月28日~1月4日)
料金:一般800円 大高生500円
※中学生以下無料

続きを見る
  • 『マノ・ダルマ、エレクトロニック(キャッチ・ウェーブ)』 ドローイング (1967年)
    『マノ・ダルマ、エレクトロニック(キャッチ・ウェーブ)』 ドローイング (1967年)
  • マース・カニングハム舞踊団 神戸公演 リハーサル風景 (1964年)
    マース・カニングハム舞踊団 神戸公演 リハーサル風景 (1964年)
  • グループ・音楽『即興音楽と音響オブジェのコンサート』チラシ (1961年)
    グループ・音楽『即興音楽と音響オブジェのコンサート』チラシ (1961年)
  • タージ・マハル旅行団 ピット・イン,ニュー・ジャズ・ホール (1970年)山崎博 撮影
    タージ・マハル旅行団 ピット・イン,ニュー・ジャズ・ホール (1970年)山崎博 撮影
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ファントム・スレッド』予告編

もしかしてファッションの世界を描いた、華やかでおしゃれなだけの映画だと思っていませんか? 確かに、映像は全編息を呑むほど美しいのですが、本作の最大の見どころは、男女のいびつな愛と欲望の形。画面に緊張感を与える「音」の演出が、エレガントな衣装のダニエル・デイ=ルイスとビッキー・クリープスの心を裸にしていきます。(久野)

  1. ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生 1

    ビートたけしがプロデュースするアパレルブランド「KITANOBLUE」誕生

  2. 山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も 2

    山崎賢人主演『羊と鋼の森』新場面写真 鈴木亮平や仲里依紗らの姿も

  3. 今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も 3

    今夏開催『荒木飛呂彦原画展』チケット情報発表 グッズ付やプレビュー券も

  4. 『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る 4

    『万引き家族』カンヌでパルムドール受賞、リリーや安藤サクラが喜び語る

  5. 綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM 5

    綾瀬はるかが人生初の「アルパカ姿」でセ・パ交流戦を応援 日本生命新CM

  6. 大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える 6

    大宮エリーが、ドラマ『13の理由』から思いの伝え方を考える

  7. 『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加 7

    『奇面組』再舞台化 メインキャスト続投、なだぎ武&宮下雄也が追加

  8. 『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組 8

    『フジロック』第7弾でTHE AVALANCHES、PRINCESS NOKIA、CHAI、卓球ら9組

  9. 『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加 9

    『JOIN ALIVE』第4弾でKICK、MONOEYES、でんぱ組、バンもんら11組追加

  10. 『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 10

    『銀河鉄道999』生放送で実写化 メーテル役に栗山千明、鉄郎は前田旺志郎