イベントを探す?

  • 2017年12月9日(土)〜2017年12月22日(金)

『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』

『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production
『薔薇の葬列』 ©1969 Matsumoto Production

2017年4月12日、映像作家・松本俊夫がこの世を去りました(享年85歳)。武満徹、粟津潔、大島渚、東松照明、磯崎新、寺山修司、一柳慧・・・。映像作家として60年代を彩る豊かな才能と交流し、映画理論家として松竹ヌーヴェルヴァーグをはじめ当時生まれつつあった革新的な映画表現に大きな影響を与えていた松本俊夫。記録映画、実験映画、劇映画、ビデオ・アートをボーダレスに行き交い、どの分野においても先駆的な映像作品を遺しました。長編デビュー作の『薔薇の葬列』(1969)では、時代の状況と作家性を見事に結晶化させ新たな映画の時代の到来を証明しました。

本特集では、長編『薔薇の葬列』『修羅』『十六歳の戦争』に加え、映像作家としての原点である前衛的なドキュメンタリーから、70年代にいち早く取り組んだビデオ映像を駆使した作品など、松本俊夫の作家としてのコアとなる作品を上映。松本の高度な論理性をバックボーンとしながら、その思考の深淵から沸き出るカオティックなエネルギーを充満させた作品群を通して、松本が我々に残した偉大な遺産の概観を試みます。(プレスリリースより)

『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』

2017年12月9日(土)~12月22日(金)
会場:東京都 渋谷シアター・イメージフォーラム
上映作品(長編作品):
「薔薇の葬列」(監督:松本俊夫)
「修羅」(監督:松本俊夫)
「十六歳の戦争」(監督:松本俊夫)
上映作品(短編作品):
[プログラムA]
『西陣』(監督:松本俊夫)
『石の詩』(監督:松本俊夫)
『母たち』(監督:松本俊夫)
[プログラムB]
『つぶれかかった右眼のために』(監督:松本俊夫)
『エクスタシス<恍惚>』(監督:松本俊夫)
『メタシタシス<新陳代謝>』(監督:松本俊夫)
『モナ・リザ』(監督:松本俊夫)
『ファントム<幻妄>』(監督:松本俊夫)
『アートマン』(監督:松本俊夫)
『ホワイトホール』(監督:松本俊夫)
『気配』(監督:松本俊夫)
『ディシミュレーション<偽装>』(監督:松本俊夫)
[プログラムC]
『エクスパンション<拡張>』(監督:松本俊夫)
『アンディ・ウォーホル=複々製』(監督:松本俊夫)
『色即是空』(監督:松本俊夫)
『エニグマ<謎>』(監督:松本俊夫)
『コネクション』(監督:松本俊夫)
『リレーション<関係>』(監督:松本俊夫)
『シフト<断層>』(監督:松本俊夫)
『スウェイ<揺らぎ>』(監督:松本俊夫)
『エングラム<記憶痕跡>』(監督:松本俊夫)
[プログラムD]
『安保条約』(監督:松本俊夫)
『白い長い線の記憶』(監督:松本俊夫)
『300トントレーラー』(監督:松本俊夫)
ドキュメンタリー作品:『映像の発見=松本俊夫の時代』第一部~第五部(監督:筒井武文)
料金:一般1,500円 学生・シニア1,200円 会員1,100円

続きを見る
  • 『修羅』 ©1969 Matsumoto Production
    『修羅』 ©1969 Matsumoto Production
  • 『アートマン』 ©1969 Matsumoto Production
    『アートマン』 ©1969 Matsumoto Production
  • 『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』ポスタービジュアル
    『追悼・松本俊夫 ロゴスとカオスのはざまで』ポスタービジュアル
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー