イベントを探す?

  • 2017年12月21日(木)〜2018年1月10日(水)

『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』

『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』は、ポスターハリス・カンパニーの30周年を記念して、同社の所蔵する現代演劇にまつわる約2万点のポスターコレクションから約300点を3会場を使って紹介する展示。劇団状況劇場、演劇実験室◎天井棧敷、劇団黒テントをはじめとする劇団の公演ポスターなどが展示される。出品作品のデザインを手掛けた作家には、宇野亞喜良、横尾忠則、粟津潔、赤瀬川原平、平野甲賀らが名を連ねている。

会期中には舞台芸術家や演出家、デザイナーが当時の世相や、演劇、デザイン、アートを語るトークショーを10回にわたって開催。ゲストとしてポスターハリス・カンパニー代表の笹目浩之をはじめ、麿赤兒、宇野亞喜良、長塚圭史、東學、増田セバスチャン、ヴィヴィアン佐藤、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、祖父江慎、J・A・シーザーらが登壇する。トークショーのスケジュールや登壇者の詳細はポスターハリス・カンパニーのオフィシャルサイトでチェックしよう。

『現代演劇ポスター展2017―演劇の記憶、時代の記憶、デザインの記憶、都市の記憶』

2017年12月21日(木)~2018年1月10日(水)
会場:東京都 渋谷 ヒカリエホール ホールB、渋谷キャスト スペース、アツコバルー arts drinks talk
時間:11:00~20:00(入場は閉場の30分前まで)
休場日:1月1日
料金:3会場フリーパス 一般1,500円 大学生700円
※高校生以下無料

続きを見る
  • 『腰巻お仙 忘却篇』(劇団状況劇場)1966年 デザイン:横尾忠則 シルクスクリーン
    『腰巻お仙 忘却篇』(劇団状況劇場)1966年 デザイン:横尾忠則 シルクスクリーン
  • 『少女都市』(劇団状況劇場)1969年 デザイン:赤瀬川原平
    『少女都市』(劇団状況劇場)1969年 デザイン:赤瀬川原平
  • 『男装劇 星の王子さま』(演劇実験室◎天井棧敷)1968年 デザイン:宇野亞喜良 シルクスクリーン
    『男装劇 星の王子さま』(演劇実験室◎天井棧敷)1968年 デザイン:宇野亞喜良 シルクスクリーン
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと