イベントを探す?

  • 2018年1月16日(火)

『i see the rhythm -リズムがみえる(仮)- 』翻訳出版クラウド・ファンディング応援企画『ピーター・バラカン×金原瑞人 トークイベント』

『i see the rhythm 』表紙
『i see the rhythm 』表紙

手掛けた翻訳書の点数は500点以上!日本を代表する翻訳家・金原瑞人が発掘し、ブロードキャスターとして活躍するピーター・バラカンが認めた、絵本ファンも、音楽ファンも納得する洋書絵本『i see the rhythm-リズムがみえる(仮)-』の翻訳出版をめざすクラウド・ファンディングが実施されています。

それに合わせて、本書の翻訳を手がける金原瑞人さんと、監修を担当するピーター・バラカンさんに、『i see the rhythm-リズムがみえる(仮)-』の魅力とブラック・ミュージックの歴史についてお話しいただきます。

『 i see the rhythm リズムがみえる(仮)』は、ダイナミックな絵とリズミカルで詩的な文章で、アフリカ系アメリカ人の音楽の歴史を紐解くユニークな絵本。黒人音楽のルーツである16世紀のアフリカ音楽から始まり、奴隷歌、ブルーズ、ラグタイム、初期のジャズ、スウィング、ジャズ・ウーマン、ビ・バップ、クール、ゴスペル、R&B/ ソウル、ファンク、そして、現代のラップ/ヒップホップという流れを、キング牧師の演説などの歴史的な出来事や、モータウン・レコードの設立などの音楽シーンの動向と共に理解することができます。そして、文章中にはところどころに『say it loud i’m black and i’m proud』などの有名な曲名が織り込まれており、これには音楽ファンも納得。

著名な二人が手がける、この翻訳出版プロジェクト。どうぞご期待ください!!(青山ブックセンターウェブサイトより)

『i see the rhythm -リズムがみえる(仮)- 』翻訳出版クラウド・ファンディング応援企画
『ピーター・バラカン×金原瑞人 トークイベント』

2018年1月16日(火)
会場:東京都 青山ブックセンター 大教室
時間:19:00~20:30
料金:1,350円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く