イベントを探す?

  • 2018年1月19日(金)〜2018年1月24日(水)

TABLE ENSEMBLE exhibition『OPUS ONE』

クリエイティブユニットTABLE ENSEMBLE(ターブルアンサンブル)が、キャスティングから撮影、デザインの全てを手がけるキュレーションブック『ENSEMBLE』の第2号出版記念として、初の作品展を開催します。

さまざまな分野で活躍するアーティストやクリエーター、文化人のポートレート写真を綴ったブック『ENSEMBLE』。その初号より、久保田紗友(女優)、TSUGUMI(モデル)、青葉市子(音楽家)、兎丸愛美(ヌードモデル)、藤田貴大(演出家)、宮本彩菜(モデル)、真鍋大度(メディアアーティスト)、菅原小春(ダンサー)など。また、2号目となる最新号より、佐藤千亜妃(音楽家)、CHIHARU(モデル)、柳俊太郎(モデル・俳優)、松岡正剛(編集者)、とんだ林蘭(アーティスト)、西加奈子(作家)など。多彩な面々が一堂に会した写真の展示により、各出演者のさまざまな表情を垣間見ることができます。また本展では、TABLE ENSEMBLEが新たに手がける架空の音楽レーベルGhost Note Records(ゴーストノートレコード)の作品もあわせて展示&販売。実際には存在しない音楽家たちによるペインティングやコラージュを用いたレコードジャケットの展示と、SNSを用いた作品発表により架空と現実を繋ぎ、その音楽家があたかも存在しているかのような錯覚を楽しませてくれます。

独自の視点と世界観で表現を楽しむTABLE ENSEMBLEのクリエイションをご覧いただける初めての機会となっております。ぜひご来場ください。(OMOTESANDO ROCKETウェブサイトより)

TABLE ENSEMBLE exhibition
『OPUS ONE』

2018年1月19日(金)~1月24日(水)
会場:東京都 表参道ROCKET
時間:11:00~21:00(1月21日は20:00まで、1月24日は18:00まで)
料金:無料

続きを見る
  • TABLE ENSEMBLE exhibition『OPUS ONE』メインビジュアル
    TABLE ENSEMBLE exhibition『OPUS ONE』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと