イベントを探す?

  • 2018年1月20日(土)

『ボウイ その生と死に』(新曜社) 刊行記念『変化する<無>――語られざるDAVID BOWIEを語る夜』田中純×千木良悠子×祖父江慎トークイベント

国際的な哲学者サイモン・クリッチリーによる『BOWIE』は、かつてないデヴィッド・ボウイ論として各国で翻訳出版され、ボウイの音楽のように知的でエロティックであり、かつ特別な親密さをともなった原著の内容に、世界中が注目しました。ついで日本でも昨年2017年のクリスマスイブ、ボウイの死から2年を数える直前に、『ボウイ その生と死に』としてその邦訳版が刊行され、坂本龍一氏の帯文どおりの意義深い内容とリズミカルな文体を日本語として見事に結晶させた訳文、清々しくかつ親密なテイストと手触りのもつブックデザイン、そして音楽家・坂本龍一氏の明晰な帯文、鋤田正義氏の静謐なボウイのポートレイト写真、訳者作成の関連105曲のプレイリスト(Spotify)などにより、いままでのボウイ論、評伝などでは飽き足らなかったファンの心を深くとらえています。

本イベントは、いままでにもさまざまなかたちでボウイの全体像へと鋭く言及し、そのうえで今回の見事な翻訳を果たされた東京大学大学院総合文化研究科の田中純さんと、主宰する劇団SWANNYで大きく活躍中であり、ボウイのパフォーマンスの数々に心奪われる新世代の演劇家・作家の千木良悠子さんのおふたりが、ボウイの音楽とその人生、めくるめく「変化」の意味するところなどを中心に、ライブやPV映像を参照しながら、自由に、存分に語り合っていただきます。また、ブックデザインを担当した祖父江慎さんも加わり、訳文の繊細さとダイナミズムを伝えるための本文組をはじめ、各国語版の体裁から日本語版の画期的な造本設計について、興味深いお話をがっつりとうかがいます。それぞれのフィールドで活躍するお三方の初顔合わせの貴重な機会を、どうぞご期待ください!(青山ブックセンターウェブサイトより)

『ボウイ その生と死に』(新曜社) 刊行記念
『変化する<無>――語られざるDAVID BOWIEを語る夜』田中純×千木良悠子×祖父江慎トークイベント

2018年1月20日(土)
会場:東京都 青山ブックセンター 大教室
時間:18:00~19:30
料金:1,350円

続きを見る
  • 『ボウイ その生と死に』表紙
    『ボウイ その生と死に』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像