イベントを探す?

  • 2018年2月3日(土)〜

『巫女っちゃけん。』

『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会

映画『巫女っちゃけん。』の主人公は、父親が宮司を務める神社で巫女のアルバイトをしている就職活動中のしわす。神社で盗難やボヤが発生する中、社殿に隠れていた5歳の少年・健太を捕まえたしわすと、口を利かない「悪ガキ」健太との交流を描く。

主人公しわすを演じるのは広瀬アリス。しわすの父親役にリリー・フランキー、母親役に飯島直子、セリフのない5歳の健太役に公開オーディションで選出された山口太幹、健太の母親・美和役にMEGUMIがキャスティングされている。メガホンを取ったのは、『偶然にも最悪な少年』『The焼肉ムービー プルコギ』『ハードロマンチッカー』などのグ・スーヨン。主題歌には、ルーマニア出身の歌手アレクサンドラ・スタンの楽曲“マイフェイヴァリット・ゲーム”が起用された。

なお同作は、『アジアフォーカス・福岡国際映画祭 2017』のクロージング作品および『第30回東京国際映画祭』の特別招待作品として出品される。

『巫女っちゃけん。』

2018年1月20日(土)から福岡先行公開、2月3日(土)から東京・新宿武蔵野館、渋谷TOEIほかで全国公開
監督:グ・スーヨン
主題歌:アレクサンドラ・スタン“マイフェイヴァリット・ゲーム”
出演:
広瀬アリス
山口太幹
MEGUMI
飯島直子
リリー・フランキー
上映時間:96分
配給:スリーパーエージェント

続きを見る
  • 『巫女っちゃけん。』ポスタービジュアル ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
    『巫女っちゃけん。』ポスタービジュアル ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
  • 『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
    『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
  • 『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
    『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
  • 『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
    『巫女っちゃけん。』 ©2017『巫女っちゃけん。』製作委員会
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. 香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」 1

    香取慎吾の日本初個展『BOUM! BOUM! BOUM!』レポ 「僕の全部を見て」

  2. 星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も 2

    星野源のNHK特番、『POP VIRUS』&ドームツアー回顧&最新ライブ映像も

  3. 小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい 3

    小山田圭吾×大野由美子対談 「音に触れる」空間音響がすごい

  4. 箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る 4

    箕輪厚介×國光宏尚対談 終わりが見える「SNS社会」の次を語る

  5. 平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』 5

    平手友梨奈が真紅のCDGを纏う&市川染五郎と“黒い羊”語る雑誌『SWITCH』

  6. なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り 6

    なぜ今ライブハウスを? 吉祥寺NEPOが語るこれからの場所作り

  7. 知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演 7

    知英がセクシーな喰種・イトリ役 窪田正孝主演『東京喰種2』に出演

  8. フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅 8

    フィッシュマンズの歴史が更新された夜。ceroとの時を超えた邂逅

  9. 上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開 9

    上白石萌音が杉野遥亮&横浜流星の間で心揺れる 『L♡DK』新映像3種公開

  10. 映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る 10

    映像作家・山田智和の時代を切り取る眼差し。映像と表現を語る