イベントを探す?

  • 2018年3月1日(木)

『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』

「あの音量と音圧を一度体験すると病みつきになる」「ライヴを観てるみたいだ!」「30年前に観たかったライヴを疑似体験できた」――Zepp DiverCity[東京]、Zepp Namba[大阪]、Zepp Nagoya[愛知]の3会場で、ライヴを疑似体感できる上映イベント“ライヴ絶響上映”。“絶叫OKのライヴ音響による上映”ということで、スタンディングで絶唱しながら踊ったりと、まるでライヴを観ているような醍醐味を味わうことができます。また、ライヴハウスZeppのライヴPA音響システムを使っての圧倒的な音圧と大音量、4K対応のハイスペックな映写と15m×9mの巨大スクリーンは、「ご家庭では絶対味わうことはできません」。

「ダイナミックな音圧」、「ライヴ級の大音量」、「迫力の大画面」でザ・ドアーズのライヴ・フィルムを存分にご堪能いただけます。Zeppで一夜限定の“ライヴ絶響上映”は、“翌朝の朝日の見え方が変わるぐらい”貴重な体験となるでしょう。(オフィシャルサイトより)

『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』

2018年3月1日(木)
会場:
東京都 お台場 Zepp DiverCity
大阪府 Zepp Namba
愛知県 Zepp Nagoya
上映作品:『ワイト島のドアーズ1970』(監督:マレー・ラーナー)
料金:
前売 プレミアム・エリア・シート4,000円 自由席3,000円 スタンディング2,000円(共にドリンク別)
当日 プレミアム・エリア・シート4,500円 自由席3,500円 スタンディング2,500円(共にドリンク別)

続きを見る
  • 『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』フライヤービジュアル
    『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』フライヤービジュアル
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nulbarich“Sweet and Sour”

テレビ東京のドラマ『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマ“Sweet and Sour”。2月6日リリース予定の3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード楽曲でもある今作は「偶然の景色」がテーマ。日常の中に偶然生まれたハッとする瞬間を鮮やかに切り取っている。グラフィカルな映像に垣間見える、あたたかな日常を楽しもう。(野々村)

  1. こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も 1

    こんまりのNetflix番組がアメリカで話題。こんまりメソッド巡る議論も

  2. 野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真 2

    野村周平&桜井日奈子がプールでずぶ濡れ 『僕の初恋をキミに捧ぐ』新写真

  3. 『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ 3

    『サマソニ』ヘッドライナー3組目はThe Chainsmokers、料金は値下げ

  4. 高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化 4

    高杉真宙×竹内愛紗 御曹司と女子高生のラブコメ漫画『高嶺と花』ドラマ化

  5. 『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送 5

    『カメラを止めるな!』が『金曜ロードSHOW!』でテレビ初放送

  6. 宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁 6

    宇多田ヒカルのシングル『Face My Fears』本日発売&『初恋』サブスク解禁

  7. King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」 7

    King Gnuが泥臭さと共に語る、若者とロックバンドが作る「夢」

  8. ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM 8

    ザギトワ&メドベージェワが魔法少女に、『マギレコ』新テレビCM

  9. 『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示 9

    『ヒグチユウコ展 CIRCUS』 約20年の画業辿る500点超展示

  10. 中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生 10

    中村佳穂という「歌」の探求者。魂の震えに従う音楽家の半生