イベントを探す?

  • 2018年3月1日(木)

『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』

「あの音量と音圧を一度体験すると病みつきになる」「ライヴを観てるみたいだ!」「30年前に観たかったライヴを疑似体験できた」――Zepp DiverCity[東京]、Zepp Namba[大阪]、Zepp Nagoya[愛知]の3会場で、ライヴを疑似体感できる上映イベント“ライヴ絶響上映”。“絶叫OKのライヴ音響による上映”ということで、スタンディングで絶唱しながら踊ったりと、まるでライヴを観ているような醍醐味を味わうことができます。また、ライヴハウスZeppのライヴPA音響システムを使っての圧倒的な音圧と大音量、4K対応のハイスペックな映写と15m×9mの巨大スクリーンは、「ご家庭では絶対味わうことはできません」。

「ダイナミックな音圧」、「ライヴ級の大音量」、「迫力の大画面」でザ・ドアーズのライヴ・フィルムを存分にご堪能いただけます。Zeppで一夜限定の“ライヴ絶響上映”は、“翌朝の朝日の見え方が変わるぐらい”貴重な体験となるでしょう。(オフィシャルサイトより)

『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』

2018年3月1日(木)
会場:
東京都 お台場 Zepp DiverCity
大阪府 Zepp Namba
愛知県 Zepp Nagoya
上映作品:『ワイト島のドアーズ1970』(監督:マレー・ラーナー)
料金:
前売 プレミアム・エリア・シート4,000円 自由席3,000円 スタンディング2,000円(共にドリンク別)
当日 プレミアム・エリア・シート4,500円 自由席3,500円 スタンディング2,500円(共にドリンク別)

続きを見る
  • 『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』フライヤービジュアル
    『日本初上陸!ライヴ・フィルム「ワイト島のドアーズ1970」一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp東名阪』フライヤービジュアル
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている