イベントを探す?

  • 2018年3月1日(木)〜2018年6月10日(日)

『少数精鋭の色たち―DNPグラフィックデザイン・アーカイブより』

色彩は視覚芸術における基本的な構成要素の一つです。今日ではさまざまな素材や媒体の開発、また複製技術の発達や視覚メディアの普及などによって、あらゆる色彩を自由に扱うことが可能になってきました。視覚芸術の一つであるグラフィックデザイン、その中でもとくにポスターは、他者に情報やメッセージを伝達するというその目的ゆえに、人々の視線を集めるため多くの色彩を駆使して華麗に表現されることが少なくありません。

ところが技術的には無限の色彩表現が可能であるにもかかわらず、あえて色数を抑えて表現したポスターもしばしば作られています。それらは、過剰なほど色彩が氾濫する現代にあって、その潔さ故かえって目を引く、力強い表現にもなりえるのです。

本展では、CCGA所蔵のDNPグラフィックデザイン・アーカイブのポスターの中から、少数の選ばれた色を用いて制作された作品を展示し、デザイナーたちが限られた条件の中で最も効果的な表現を探り、思い思いに力をふるった挑戦の数々をご覧いただきます。(CCGA現代グラフィックアートセンターウェブサイトより)

『少数精鋭の色たち―DNPグラフィックデザイン・アーカイブより』

2018年3月1日(木)~6月10日(日)
会場:福島県 CCGA現代グラフィックアートセンター
時間:10:00~17:00(入館は16:45まで)
休館日:月曜(4月30日は開館)、3月22日、5月1日
料金:一般300円 学生200円
※小学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料

続きを見る
  • 『少数精鋭の色たち―DNPグラフィックデザイン・アーカイブより』ポスタービジュアル ©Endo Reiko(Helvetica Design inc.)
    『少数精鋭の色たち―DNPグラフィックデザイン・アーカイブより』ポスタービジュアル ©Endo Reiko(Helvetica Design inc.)
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」