イベントを探す?

  • 2018年3月10日(土)

瀧本幹也×服部一成×矢後直規トークイベント『写真家・瀧本幹也、20年目の現在地』

自身の作品制作活動をはじめ、広告写真、グラフィック、エディトリアルワーク、コマーシャルフィルムなど幅広い分野で活躍を続け、2012年から取り組み始めた映画の撮影では「海街diary」で日本アカデミー賞最優秀撮影賞を受賞するなどますます注目を集める瀧本幹也さん。

そのキャリアのスタートから20年に及ぶ膨大な活動の記録の中から、瀧本さん自身がセレクトした作品集「CROSSOVER」が完成しました。本書では「個人作品」にとどまらず、「広告写真」「コマーシャルフィルム」「映画」と全ジャンルを網羅する内容となっています。

この度、作品集の刊行を記念してトークイベントを開催する運びとなりました。ゲストは瀧本さんが独立して間もない時期から「キユーピーハーフ」など数々の印象的な仕事でタッグを組む、アートディレクターの服部一成さんと、2015年に初めて瀧本さんと組んだ「LAFORET GRAND BAZAR」の記憶が鮮烈で、本書のアートディレクションも手掛けた、アートディレクターの矢後直規さん。

実際に仕事で組んだことのあるお二人の視点を通して、“唯一無二の”瀧本幹也さんの写真がどのようにできあがるのか。その秘密を探ります。(青山ブックセンターウェブサイトより)

瀧本幹也×服部一成×矢後直規トークイベント
『写真家・瀧本幹也、20年目の現在地』

2018年3月10日(土)
会場:東京都 青山ブックセンター本店
時間:14:00~15:30
料金:1,350円

  • 瀧本幹也『CROSSOVER』表紙
    瀧本幹也『CROSSOVER』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」