イベントを探す?

  • 2018年3月17日(土)〜2018年4月1日(日)

『土と光 – 益子と器と写真の展示 –』

古くから陶芸の町として栄えてきた栃木県益子町。この地に窯を築き、伝統を守りながら新たな挑戦を続ける陶芸家・寺村光輔氏の姿を写した作品『土と光』の写真展を開催いたします。およそ1年に渡り寺村氏の姿を撮り続けたのは、雑誌や広告等で活躍する写真家・小野田陽一氏。ひたむきに器と向き合う寺村氏と益子の四季折々の風景を捉えた写真が、静かで穏やかな時間を紡ぎます。

今回の展示では、寺村氏が制作した器を30点ほど販売いたします。寺村氏の器は益子の土と自然由来の素材を原料とし、温かみを感じる佇まいが多くの人気を集めています。使い手に寄り添うことに最もこだわり生み出された器は、料理を盛ることではじめて完成形となります。ぜひお気に入りの一枚を食卓に迎えてみてはいかがでしょうか。

また、『土と光』の写真集の販売も行います。デザインを手がけたのは、今注目のデザインスタジオampersands(アンパサンズ)。器と写真の美しい青みを生かした印刷、紙の質感、そして表紙の細部に至るまでこだわりを持ってデザインされ、益子の息づかいを感じるような一冊です。

展示初日の3月17日(土)は、どなたでもご参加いただけるレセプションを開催。翌日3月18日(日)には高い製本技術を持つ“美篶堂”の製本ワークショップを開催いたします。今回は製本に加え、『土と光』特別企画としてampersandsデザインの箔押し体験が付きます。内表紙には写真家・小野田陽一氏の写真も選べ、通常の製本ワークショップとは一味違う内容となっています。みなさまぜひふるってご参加ください。(BOOK AND SONSウェブサイトより)

『土と光 – 益子と器と写真の展示 –』

2018年3月17日(土)~4月1日(日)
会場:東京都 学芸大学 BOOK AND SONS
時間:12:00~19:00
定休日:水曜
料金:無料
※イベントは有料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される