イベントを探す?

  • 2018年4月7日(土)〜2018年7月29日(日)

『理由なき反抗 展 I LOVE ART 14』

アンディ・ウォーホル『理由なき反抗(ジェームズ・ディーン)』 1985年 シルクスクリーン9色、9スクリーン 96.5x96.5cm
アンディ・ウォーホル『理由なき反抗(ジェームズ・ディーン)』 1985年 シルクスクリーン9色、9スクリーン 96.5x96.5cm

『理由なき反抗 展 I LOVE ART 14』はワタリウム美術館で開催される展覧会。

ジェームス・ディーン主演映画の邦題であり、アンディ・ウォーホルが同作の日本版広告ポスターを題材に作品を制作した『理由なき反抗』を展覧会タイトルに据える同展。アートの歴史が自由を獲得するための歴史でもあったことに焦点を当て、慣習や体制、権力、困難な状況に抗う表現を行なったアーティストの作品約100点を、ワタリウム美術館のコレクションを中心に展示する。

出品作家は、ホワン・ヨンピン、ジョン・ケージ、ヨーゼフ・ボイス、ナムジュン・パイク、オノ・ヨーコ、竹川宣彰、バックミンスター・フラー、アレクサンドル・ロトチェンコ、マックス・ビル、アンディ・ウォーホル、ギルバート&ジョージ、キース・ヘリング、アレン・ギンズバーグ、ロバート・メイプルソープ、BIENの15組。会場は第1章「レジスタンス[抵抗]」、第2章「デザイン革命」、第3章「理由なき反抗」の3テーマで構成される。

『理由なき反抗 展 I LOVE ART 14』

2018年4月7日(土)~7月29日(日)
会場:東京都 外苑前 ワタリウム美術館
時間:11:00~19:00(水曜は21:00まで)
出品作家:
ホワン・ヨンピン
ジョン・ケージ
ヨーゼフ・ボイス
ナムジュン・パイク
オノ・ヨーコ
竹川宣彰
バックミンスター・フラー
アレクサンドル・ロトチェンコ
マックス・ビル
アンディ・ウォーホル
ギルバート&ジョージ
キース・ヘリング
アレン・ギンズバーグ
ロバート・メイプルソープ
BIEN
休館日:月曜(4月30日、7月16日は開館)
料金:大人1,000円 学生800円 大人2人券1,600円 学生2人券1,200円 小中学生500円 70歳以上700円

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年