イベントを探す?

  • 2018年4月10日(火)〜2018年5月5日(土)

ヨーガン・アクセルバル『KAR / LEK』

『KAR / LEK』は東京・新宿のKEN NAKAHASHIで開催されるヨーガン・アクセルバルの個展。

1972年にスウェーデンで生まれた写真家のヨーガン・アクセルバル。2011年に東京に移住し、2013年にアメリカ版『VOGUE』誌とボッテガ・ヴェネタが主催した『The New Exposure Photography Competition』インターナショナル部門で受賞したほか、2014年に発表した『I was looking for Park Hyatt Tokyo』は『第18回文化庁メディア芸術祭』で審査委員会推薦作品に選出され、東京・六本木の国立新美術館で展示された。昨年には詩人・高橋睦郎とのコラボ写真集『Go to become なりに行く』を刊行。

同展では、アクセルバルが長年ライフワークとして撮り続けている友人や花をモチーフにした写真作品を展示。作品は全てポラロイドで撮影されたソフトフォーカスの写真となる。なお展覧会のタイトルは古いスウェーデン語で「愛/遊び」を意味する。

ヨーガン・アクセルバル
『KAR / LEK』

2018年4月10日(火)~5月5日(土・祝)
会場 : 東京都 新宿 KEN NAKAHASHI
時間:13:00~21:00
休廊日:日、月曜

  • ヨーガン・アクセルバル『untitled / Polaroid #051』 ©Jorgen Axelvall“untitled / Polaroid #051”2015 Archival Pigment Print 72.9×91.3cm, Courtesy of KEN NAKAHASHI
    ヨーガン・アクセルバル『untitled / Polaroid #051』 ©Jorgen Axelvall“untitled / Polaroid #051”2015 Archival Pigment Print 72.9×91.3cm, Courtesy of KEN NAKAHASHI
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー