イベントを探す?

  • 2018年4月13日(金)

『C.E presents Will Bankhead、Samo DJ、Powder』

『C.E presents Will Bankhead、Samo DJ、Powder』イメージビジュアル
『C.E presents Will Bankhead、Samo DJ、Powder』イメージビジュアル

スケートシングが手がけるファッションブランドC.Eが、The Trilogy TapesのWill Bankhead、Born FreeのSamo DJを招聘したパーティーを4月13日に開催。日本でのプレイはレアなPowderもラインナップ。

音楽的造詣や文脈に対するこだわりに加えて、時代を読み取る敏感な耳を持ち合わせ、飽和しつつあるダンスミュージックシーンにおいて、長きに渡り第一線で活躍し続けているWill Bankhead(ウィル・バンクヘッド)。そのアーカイヴと経験が、あらゆるシーンやレイヤー、ジャンル、どんなパーティにおいてもその場にいるすべての人の心に残るプレイを可能としている。その事実は、自身が主宰するレーベル、The Trilogy Tapes(ザ・トリロジー・テープス)からのリリースが軒並みフロアヒットを飛ばしていることからも容易に理解できるだろう。

Samo DJは、スウェーデンはストックホルムをベースにレコードレーベル兼コラボレーションの為のプラットフォームでもあるBorn Free(ボーン・フリー)をDJ Slingと共に主宰しており、前述したThe Trilogy TapesやL.I.E.S.、Snaker、Macadam Mamboなど、名だたるレーベルからキワどいサンプルネタを解体・解体し再構築した音源をリリースするアーティストでもある。奇才SkudgeとのユニットFour Legs、香港スラムに捧げるシネマティック・プロジェクトであるKWC92など数々の名義を使い分けつつ、L.I.E.Sからのリリースで知られるTzusingやStudio Barnhusの中核を担うBaba Stiltzとの共作もおこなっている。

当日は上記の2人に加えて、今から3年前の2015年にBorn Freeからリリースしたデビュー作に続いてESP Instituteより発表したEP、Highlyによって世界中から注目を浴び、日本における知名度と反比例するがのごとく海外におけるギグを成功させてきたPowderもDJをおこなう。彼女が世界中のダンスフロアが出演を渇望するアーティストであることに異論を唱えるものはいないと思うが、もしも誇張した表現だと疑うのであれば、ベルリンのGriessmuehleで開催される名物イベントCocktail d’AmoreやBerghain / Panorama Barに度々招聘されているその事実を知らないだけだろう。

NTSのマンスリープログラムを担当するなど世界的にも注目を集めるLil Mofo(リル・モーフォ)、Libra Mixへのミックス提供で知られるAndry Adolphe(アンドリー・アドルフ)もラインナップ。

組み合わせの妙とはよく言うが、一夜を通して存在する1つの流れこそがパーティの良し悪しを左右するのはれっきとした事実であり、それこそがパーティの醍醐味である。そういった意味でこのパーティのラインナップからは文脈を内包した、針から伝わるグルーヴを感じ取ることが出来るであろう。音楽とは所有するものではなく、共有するものであり、共有する場所や環境は体験を伴う行為において図らずとも重要視されるものだ。誰もを満足たらしめるものはこの世には存在しないが、1つのジャンルに拘らない音楽的趣向をもつ愛好家を引き寄せるに足りる、ダンスミュージックのグローバル・スタンダードなクオリティな一夜だと保証しよう。当日のダンスフロアで音楽が昔から持ち合わせていた普遍性と求心性を身をもって感じてほしい。(VENTウェブサイトより)

『C.E presents Will Bankhead、Samo DJ、Powder』

2018年4月13日(金)
会場:東京都 南青山 VENT
出演:
Will Bankhead
Samo DJ
Powder
料金:前売2,500円 当日2,000円
※20歳未満入場禁止、要顔写真付きID

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 1

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために

  2. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 2

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る

  3. 清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送 3

    清原果耶初主演のNHKドラマ『透明なゆりかご』が全10話一挙再放送

  4. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 4

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  5. 高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む 5

    高城晶平×折坂悠太 期待を引き受け、裏切りながら大舞台へと進む

  6. 殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像 6

    殺人鬼役のセカオワFukaseが描く「巨大油絵」、『キャラクター』シーン画像

  7. 俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る 7

    俳優・山崎皓司が挑む百姓ライフスタイル。試行錯誤の実践を辿る

  8. NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア 8

    NiziUが新曲“I AM”にあわせて「ミストダンス」 コーセー新CMオンエア

  9. 藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース 9

    藤井 風のカバー集『HELP EVER HURT COVER』復刻リリース

  10. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 10

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは