イベントを探す?

  • 2018年4月13日(金)〜2018年4月18日(水)

『TE・NU・GU・I EXHIBITION』

「日本古来の手ぬぐいに自分たちらしい現代のスタイルを融合して、気軽にアートを持ち歩く」

日本人のアイデンティティでもある手ぬぐい/TE.NU.GU.I。江戸時代から庶民の間で使われ親しまれてきました。手を拭いたり汗を拭ったり、銭湯で体を洗ったり、はたまた日除けとして頭から被ったりとその用途は多岐にわたります。薄手の木綿生地は柔らかで速乾性が高く、様々なシーンで重宝します。

そしてその絵柄は、伝統的に使われ続けるような意味を持っているものや、美しい景色を描写したもの、現代でいうところの名入れとも言える家紋をあしらったデザインなど様々なものが存在していました。それらは職人たちの手によって鮮やかに染め上げられ、自身を着飾るためのファッションアイテムとしても、庶民の文化に深く浸透していたのでした。

僕たちはそんな「手ぬぐいをもっとみんなで持ち歩こう!」という気持ちから今回「TE・NU・GU・I EXHIBITION」を企画しました。6組の作家に330mm x 900mmのキャンバスを預け、出来上がったアートワークをシルクスクリーンで丁寧に印刷し、6枚の手ぬぐいを製作しました。これらは全て商品化され会場でお買い求めいただけます。

ある金曜日の夜、Cho Ongoと僕は偶然二人とも手ぬぐいを持っていて、すぐに盛り上がり今回の企画を発案しました。一番は僕たち自身が大好きな絵柄の手ぬぐいを持ち歩きたかったので、共感して下さったアーティストたちと自分たちらしい手ぬぐいを作ることができました。日々の必需品として、そして自身を着飾るアートピースとしてこのTE・NU・GU・Iたちを持ち歩くことを楽しんでもらえたら幸いです。(プレスリリースより)

『TE・NU・GU・I EXHIBITION』

2018年4月13日(金)~4月18日(水)
会場:東京都 渋谷 No.12 GALLERY
時間:13:00~19:00
出展作家:
ogawa yohei
sosnzk
NXNG
渋谷某大衆居酒屋
Cho Ongo
riversidemarket

続きを見る
  • 『TE・NU・GU・I EXHIBITION』イメージビジュアル
    『TE・NU・GU・I EXHIBITION』イメージビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年