イベントを探す?

  • 2018年4月28日(土)〜2018年6月17日(日)

『渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉』

『The Fiction Over the Curtains』2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫
『The Fiction Over the Curtains』2017–18 プロダクションショット 撮影:加藤甫

『渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉』は熊本・熊本市現代美術館で開催される展覧会。

岡田利規が主宰を務める演劇カンパニー・チェルフィッチュ。これまでに国内外の70都市で作品を上演している。岡田は2005年に『三月の5日間』で『第49回岸田國士戯曲賞』を受賞。

同展はチェルフィッチュにとって初めての映像による展示。岡田が「境界のありよう」をテーマに作る6本の「映像演劇」で構成される展覧会となる。

「映像演劇」は岡田が映像作家・山田晋平と共に取り組み始めた新しい形式の演劇となり、投影された映像が人の感覚に引き起こす作用によって展示空間を上演空間に変容させる試み。岡田は展示について「〈映像演劇〉のコンセプトを実現した複数の、鑑賞者に問いと経験をもたらしうる作品をつくり、それをひとつの演劇公演として展示する」と説明している。

タイトルの『渚・瞼・カーテン』は、柔らかくて曖昧な有り様について想像するためのヒントになりうる3つの単語を並べたものだという。会場構成は長坂常(スキーマ建築計画)が担当。出演は青柳いづみ、安藤真理、太田信吾、大村わたる、川崎麻里子、吉田庸、塚原悠也(contact Gonzo)。

『渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉』

2018年4月28日(土)~6月17日(日)
会場:熊本県 熊本市現代美術館 企画展示室I・II
時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
休館日:火曜(5月1日は開館)
料金:一般1,000円 シニア(65歳以上)800円 高・大学生500円
※中学生以下は無料(要名札)

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで