イベントを探す?

  • 2018年5月9日(水)〜2018年5月26日(土)

笹久保伸『秩父前衛派』

『秩父前衛派』ビジュアル
『秩父前衛派』ビジュアル

この度、スタジオ35分では笹久保伸写真展「秩父前衛派」を開催します。笹久保伸は秩父出身のギタリスト・思想家・アーティストです。秩父地域をフィールドワークに基づき、製作活動をおこなっています。本展のタイトルになっている「秩父前衛派」は笹久保を中心としたアート・コレクティブであり、表現媒体によりメンバーが流動的に変化します。「秩父前衛派」は集団の名称でもありますが、笹久保の多岐にわたる活動の一つの意思表明にもなっています。

近年、笹久保は秩父を象徴とする山、武甲山をテーマに写真作品の製作を行なっており、2017年には写真集も出版しています。四年間の南米ペルーでの音楽留学を終えた笹久保が地元秩父に戻り、目に飛び込んできたのは異様な形でそびえ立つ武甲山でした。武甲山は古くより秩父地域における信仰の山であり、現在も秩父の総鎮守である秩父神社の神体山であり、地域の象徴としての信仰の山です。しかしセメント産業が参入し、石灰岩採掘の為に半世紀以上前から毎日爆破され続けています。それは今でも行われていて、毎日12時30分にダイナマイトにより爆破され続けています。その為に元々の標高1336mありましたが、1980年代には山頂も爆破され現在では1304mになっています。僕らが今、目にする武甲山は段々に刻まれた削り跡が織りなす人工的な三角形をしている山で、笹久保はそれをピラミッドと言い、地域開発や経済発展の名のもとに日々、神の山を破壊する行為を神殺しと捉えています。神を破壊しながら、崇拝するというこの究極の矛盾をどう考え、行動し、表現していくか。笹久保が思考し表現していることは、決して地方都市の一つの問題ではなく、資本主義社会が生み出す欲望の結果に何が残り、起こるかと直結している問題です。日々、秩父の集落や山を歩きまわり、見聞きし、感じたものを新井薬師の小さなギャラリーに凝縮します。ぜひ。笹久保伸写真展「秩父前衛派」をご覧にいらしてください。(酒 航太コメント・スタジオ35分ウェブサイトより)

笹久保伸
『秩父前衛派』

2018年5月9日(水)~5月26日(土)
会場:東京都 スタジオ35分
時間:17:00~23:00
定休日:日、月、火曜

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年