イベントを探す?

  • 2018年5月19日(土)〜

『イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版』

『イカリエ-XB1』は1963年に製作された映画で当時は共産党体制だったチェコスロバキア初の本格SF映画と呼ばれる先駆的な作品。スタニスワフ・レムの小説を翻案し、密室の中で狂気に汚染されていく乗組員たちの物語と、近未来のユートピア的世界を描いた内容は、1968年製作のスタンリー・キューブリック監督作『2001年宇宙の旅』にも影響を与えたと言われる。2016年に4K映像に修復されたデジタルリマスター版が『カンヌ国際映画祭』クラシック部門で上映された。デジタルリマスター版の日本上映は今回が初。

監督はインドゥジヒ・ポラーク。脚本は映画『ひなぎく』にも協力したパヴェル・ユラーチェク。音楽はヤン・シュヴァンクマイエルやカレル・ゼマンの作品に参加したズデニェク・リシュカ、衣装デザインは『ひなぎく』の共同脚本、美術、衣装などを手掛けたエステル・クルンバホヴァーが担当している。

『イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版』

2018年5月19日(土)から新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督:インドゥジヒ・ポラーク
脚本:インドゥジヒ・ポラーク、パヴェル・ユラーチェク
原案:スタニスワフ・レム
音楽:ズデニェク・リシュカ
出演:
ズデニェク・シュチェパーネク
フランチシェク・スモリーク
ダナ・メドジツカー
イレナ・カチールコヴァー
ラドヴァン・ルカフスキー
オットー・ラツコヴィチ
上映時間:88分
配給:コピアポア・フィルム

続きを見る
  • 『イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版』キービジュアル ©National Film Archive
    『イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版』キービジュアル ©National Film Archive
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー