イベントを探す?

  • 2018年5月26日(土)〜2018年7月22日(日)

三嶋一路『Monster a』

三嶋一路『Monster a』ビジュアル
三嶋一路『Monster a』ビジュアル

このたびCAGE GALLERYは、5月26日(土)から三嶋一路による「Monster a」を開催致します。

三嶋一路は1986年大阪府生まれのアーティスト。東京藝術大学先端芸術表現科在学中より写真家・鈴木理策に師事した三嶋は、写真表現をベースとしながらも、芸術のコンテクストとユーモアをかろやかに引用し、社会や芸術そのものに対する自身のまなざしを提示するアーティストです。

芸術史への批評と造詣からもたらされる三嶋の作品は、同時代表現と呼びうる形態をとることで、レトロスペクティブな印象を避けます。三嶋にとってジャンルやカテゴリーは重要ではなく、常に変化しリアルタイムで生成され続ける「現代」への尽きない関心が、作品の形式へ変換されていると言えるでしょう。

本展「Monster a」は、展示タイトルと同名の作品《Monster a》と、支持体としての役割を担う壁面作品《The quotation》の2つで構成されます。Monster aは作品内で用いられる観葉植物モンステラ(サトイモ科 / ホウライショウ属)を意味しますが、その語源であるMonsterは近代理性によって排除された異物であり、カメラという銃を向けられる怪物でもあります。作品に組み込まれたプログラムにより、モンステラ=怪物は写真という媒介に置き換えられながら会期中に大量生産されます。それはタスク処理的で目的のない「労働 Labor」であり、プレハブ小屋のサイディングボードによってつくられる《The quotation》を支持体にすることで、アートによるアートのための、繰り返されるマスプロダクションシステムを表しているのかもしれません。

CAGE GALLERYで二ヶ月に渡って変化する本展を、是非この機会にご覧下さい。(CAGE GALLERYウェブサイトより)

三嶋一路
『Monster a』

2018年5月26日(土)~7月22日(日)
会場:東京都 恵比寿 CAGE GALLERY
時間:11:00~20:00

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く