イベントを探す?

  • 2018年6月4日(月)〜2018年6月24日(日)

『美知の通勤電車』

左から川原和久、中村ゆり、西田尚美、田中嗣久
左から川原和久、中村ゆり、西田尚美、田中嗣久

『美知の通勤電車』は、日本発の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』の短編小説公募プロジェクト『ブックショート』が、2017年にアース製薬株式会社の協賛で立ち上げた『EARTH Act For Life AWARD』で、581作品の応募から大賞を受賞した司真の同名小説を短編映画化したもの。母が勤める会社の保育所に通所するために満員電車で共に通勤してきた娘・美知が、電車内で出会う人々との交流を通じて成長していく様を描く。

美知の母・川島沙織役に中村ゆり、娘・美知の幼少期と小学生期役にそれぞれオーディションで選ばれた田中乃愛と高須柚羽、車内で出会う人々役に西田尚美、川原和久がキャスティング。監督は九州新幹線『祝!九州縦断ウエーブ』ACCグランプリほか多数の受賞歴を持つ田中嗣久が務めた。脚本は高田亮が担当。なお同作はウェブでの公開も予定している。

『美知の通勤電車』

2018年6月4日(月)~6月24日(日)に表参道ヒルズ スペースオーほかで開催される『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018』内で上映
監督:田中嗣久
脚本:高田亮
原作:司真
出演:
中村ゆり
川原和久
西田尚美
田中乃愛
高須柚羽

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで