イベントを探す?

  • 2018年6月12日(火)〜2018年7月29日(日)

『ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展』

『ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展』はヨーロッパの王侯貴族の間で富と権力の象徴として流行したレースの展覧会。アンティークレース鑑定家のダイアン・クライスの数万点におよぶ所蔵品から、フランス王妃カトリーヌ・ド・メディシス、マリー・アントワネットやナポレオン・ボナパルト、ヴィクトリア女王といった王侯貴族に由来するロイヤルレース、ファッション、インテリアに取り入れられたレースなど16世紀から19世紀の作品を中心に約170点を紹介する。

6月17日には同展の監修を務めたダイアン・クライスによる記念講演会『レースは、私の人生そのもの~Lace in My Life』、6月30日には百々徹(大阪成蹊短期大学)による講演『21世紀におけるアンティーク・レースの魅力』、7月8日にはワークショップ『レースのピルケース作り』を実施。参加方法などの詳細は渋谷区立松濤美術館のオフィシャルサイトで確認しよう。

『ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展』

2018年6月12日(火)~7月29日(日)
会場:東京都 渋谷区立松濤美術館
時間:10:00~18:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:6月18日、6月25日、7月2日、7月9日、7月17日、7月23日
料金:一般500円 大学生400円 高校生・60歳以上250円 小中学生100円
※障がい者と付添者1名は無料
※金曜は渋谷区民無料
※土、日曜、祝日、夏休み期間中は小中学生無料

続きを見る
  • 『ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展』ビジュアル
    『ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展』ビジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開