イベントを探す?

  • 2018年6月23日(土)〜2018年10月30日(火)

『開館45周年記念展 没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界』

藤田嗣治 1928年頃 撮影:アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press
藤田嗣治 1928年頃 撮影:アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press

藤田嗣治の没後50年を迎えるにあたって行なわれる展覧会。藤田が大学時代に友人に送った絵葉書、フランスから日本に残した最初の妻に送った手紙といった資料をはじめ、戦前のフランスで発行された挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、フランスに移住した1950年に発表した大型豪華本の挿絵、絵画や版画、手作りのおもちゃや陶芸作品などを紹介する。

また派生企画として、「猫の画家」と称された藤田が描いた猫の絵画作品も紹介。マイケル・ジョセフ『猫の本』やエリザベス・コーツワース『夜と猫』で手掛けた繊細な筆致の猫や、水墨や水彩作品も展示するほか、26匹の猫を配する屏風と衝立が公開される。

『開館45周年記念展 没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界』

2018年6月23日(土)~10月30日(火)
前期:2018年6月23日(土)~8月21日(火)
後期:2018年8月23日(木)~10月30日(火)
会場:静岡県 長泉町 ベルナール・ビュフェ美術館
時間:6月、7月、8月は10:00~18:00、9月、10月は10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日:水曜(8月15日は開館)
料金:一般1,000円 高校・大学生500円
※中学生以下は無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー