イベントを探す?

  • 2018年6月23日(土)〜

『少女ピカレスク』

『少女ピカレスク』 ©2018東北新社
『少女ピカレスク』 ©2018東北新社

『少女ピカレスク』は「自撮り配信」を題材に井口昇が監督を務めた配信ドラマ。主人公は、トップアイドルになることを夢見る新人アイドルのヒカリ。自撮り生配信やライブを精力的に行なうヒカリは、ダンサーとして参加していた新人アイドル日菜子と亜依と共にPVを撮影していたが、「ちーちゃん」と呼ばれる少女が現れたことをきっかけに撮影が中断され、やがて日菜子や亜依の近くでも不可解な出来事が起こり始めるというあらすじだ。

明るく素直な性格だが幼少より父親に虐待されているため人との繋がりに憧れるヒカリ役に椎名ぴかりんこと椎名ひかり、ヒカリと同様に自撮り生配信をよく行なう日菜子役に長澤茉里奈、亜依役に神門実里(ノーメイクス)、ヒカリのPVの監督を務める前田役に松永天馬(アーバンギャルド)、ヒカリや日菜子が憧れるモデル彩乃役に武田玲奈がキャスティング。椎名は同作が初主演となる。

『少女ピカレスク』

2018年6月23日(土)からシネマート新宿ほか全国で順次先行上映
監督・脚本:井口昇
主題歌:椎名ぴかりん“確認事項:しあわせとかについて”
出演:
椎名ひかり
長澤茉里奈
松永天馬(アーバンギャルド)
神門実里(ノーメイクス)
上埜すみれ(ノーメイクス)
武田玲奈
配給:東北新社

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像