イベントを探す?

  • 2018年7月14日(土)〜2018年9月24日(月)

『モネ それからの100 年』

――あなたはモネのどこが好き?印象派を代表する画家、クロード・モネ(1840-1926)。風景をひたすら見つめ、繰り返し描き続けたその絵画は、いまもなお人々を魅了してやみません。モネの芸術のもつ独創性、創作上の関心はまた、今日の作家たちにもさまざまな形で引き継がれています。

モネが最晩年の大作《睡蓮》に着手してから約100年。本展では、モネの初期から晩年までの絵画約30点に加え、後世代の約30作家の作品群を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにします。

画面にちりばめられた色彩の鮮やかさ、うち震える描線、フレームを越えて拡張していくような画面、そして風景のなかに没入していく眼差し・・・モネの作品のうちにある特質を抽出し、その多面的なエッセンスを現代アートに接続することで、「印象派の巨匠」「モダンアートの先駆者」といった従来の肩書を超える、モネの芸術の豊かさと奥深さ、その普遍的な魅力に迫ります。

なぜ、モネの絵画に魅せられるのか――。本展を通じて、皆さまがそれぞれの「好き」の理由を見つけてくださることを願っています。(横浜美術館ウェブサイトより)

『モネ それからの100 年』

2018年7月14日(土)~9月24日(月)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで、9月14日(金)、9月15日(土)は、20:30まで)
出品作家(予定):
クロード・モネ
アルフレッド・スティーグリッツ
エドワード・スタイケン
マーク・ロスコ
ヴィレム・デ・クーニング
サム・フランシス
ロイ・リキテンスタイン
ジャン=ポール・リオペル
ジョアン・ミッチェル
アンディ・ウォーホル
ルイ・カーヌ
堂本尚郎
中西夏之
松本陽子
福田美蘭
鈴木理策
丸山直文
湯浅克俊
水野勝規
ほか
休館日:木曜(8月16日は開館)
料金:
当日 一般1,600円 大学・高校生1,200円 中学生600円 65歳以上1,500円
前売 一般1,400円 大学・高校生1,000円 中学生400円
※小学生以下無料

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図