イベントを探す?

  • 2018年7月7日(土)〜

『ルームロンダリング』

『ルームロンダリング』は「訳あり物件」に住み込んで物件を浄化する「ルームロンダリング」のアルバイトをする八雲御子の姿を描くオリジナルストーリーの映画作品。物件を転々とすることで部屋に居座る幽霊たちの姿が見えるようになった御子が、この世に未練のある幽霊たちの悩みの解決に奔走するというあらすじだ。

父親と死別した翌年に母親が失踪し、18歳の時に祖母も失った主人公・御子役を演じるのは池田エライザ。御子の母親の弟で、ルームロンダリングの仕事を紹介する雷土悟郎役をオダギリジョー、御子の引っ越し先に住む幽霊の春日公比古役を渋川清彦、見知らぬ男に殺されて幽霊となったOL・千夏本悠希役を光宗薫、悠希のかつての隣人・虹川亜樹人役を健太郎が演じる。

監督を務めるのは片桐健滋。片桐と梅本竜矢が共同脚本を手掛けた。同作は映像クリエイターの発掘を目的とした企画コンペティション『TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015』で準グランプリを獲得したことで制作が実現した。

『ルームロンダリング』

2018年7月7日(土)に新宿武蔵野館、渋谷HUMAXシネマ、シネ・リーブル池袋ほかで全国公開
監督:片桐健滋
脚本:片桐健滋、梅本竜矢
出演:
池田エライザ
渋川清彦
健太郎
光宗薫
木下隆行
奥野瑛太
つみきみほ
田口トモロヲ
渡辺えり
オダギリジョー
上映時間:109分
配給:ファントム・フィルム

続きを見る
  • 『ルームロンダリング』ポスタービジュアル ©2018「ルームロンダリング」製作委員会
    『ルームロンダリング』ポスタービジュアル ©2018「ルームロンダリング」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開