イベントを探す?

  • 2018年7月20日(金)〜2018年8月4日(土)

『レインマン』

左から藤原竜也、椎名桔平
左から藤原竜也、椎名桔平

『レインマン』は1988年に公開され、『アカデミー賞』主要4部門に輝いた同名映画の舞台版。『レインマン』は2006年に日本において世界で初めて舞台化され、2008年にはロンドンのウエストエンドで新たに舞台化された。今回はダン・ゴードン脚本によるウエストエンド版の翻訳上演となる。事業に失敗して破産寸前のチャーリーが父の訃報を聞いて遺産を手に入れようと帰郷するが、財産は兄レイモンドが受け取ることになっていると知り、重度の自閉症患者である兄を施設から連れ出そうとを決意するというあらすじだ。

財産の半分を自分に譲るようレイモンドを説得しようとする弟チャーリー役を演じるのは藤原竜也。兄のレイモンド役を、2006年の日本版舞台でチャーリー役を演じた椎名桔平が演じる。藤原と椎名は今回が初共演。さらに中越典子、横田栄司、吉本菜穂子、渡辺哲がキャストに名を連ねる。上演台本および演出は、劇団サンプルを主宰する松井周が手掛ける。

『レインマン』

2018年7月20日(金)~8月4日(土)
会場:東京都 初台 新国立劇場 中劇場
上演台本・演出:松井周
脚本:ダン・ゴードン
出演:
藤原竜也
椎名桔平
中越典子
横田栄司
吉本菜穂子
渡辺哲

続きを見る

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー