What's happening now

2021. 11.26

のん、最初で最後のZepp Tokyoワンマンライブを緊急発表

のんのワンマンライブ『のんザウルス in Zepp Tokyo 1st Last LIVE』が12月25日にZepp Tokyoで開催。のんはかねてよりZepp Tokyoでのライブを目標の1つにしていたという。1月1日をもって営業終了となる同会場に急遽空きが出たことから開催が決まった。今回の発表については、YouTubeチャンネル「のんやろが!ちゃんねる」の最新動画でのんが語っている。チケットのNon Knock先行優先席抽選、オフィシャル先行抽選は12月1日まで受付中。

やくしまるえつこ『わたしは人類』を360°3Dサラウンド&レーザー体験

『アルスエレクトロニカ』STARTS PRIZEグランプリを受賞し、金沢21世紀美術館に収蔵されているやくしまるえつこの『わたしは人類』。12月5日から横浜スタジアムで開催されるイベント『BALLPARK FANTASIA』には、アルバム『調べる相対性理論』収録版“わたしは人類”ライブテイクをもとにした、360°サラウンドの3Dイマーシブサウンドとレーザー空間が出現する。相対性理論ライブクルーのレーザーアーティストYAMACHANGが同イベントのスペースデザイナーを担当。なお、やくしまるえつこは出演しない。

薪テントサウナ『サウナタウン下北沢』が1月から期間限定登場

「サウナのない場所に、サウナのある街を立ち上げる」移動型サウナプロジェクト『サウナタウン』は、サウナを老若男女に愛されるカルチャーとして定着させたいという思いから始動。来年1月7日から下北線路街 空き地で行なわれる『サウナタウン下北沢』では、400平米の屋外スペースに薪テントサウナを10基以上、VIPテントを1基設置。様々な香りのロウリュ、水風呂、リラックススペース、アクティビティーエリア、オリジナルグッズや、「サウナ飯」が用意される。エリア各所は廃業した銭湯の備品で装飾。12月中旬から販売される予約チケットを購入すると優先して入場できる。

ケンドリック・ラマー初の本格評伝が12月2日刊行

ケンドリック・ラマーの初の本格評伝『バタフライ・エフェクト:ケンドリック・ラマー伝』が12月2日に刊行。『good kid, m.A.A.d city』『To Pimp a Butterfly』『DAMN.』の3作でまたたく間に頂点を極め、13の『グラミー賞』とヒップホップでは初となる『ピューリッツァー賞』を受賞したケンドリック・ラマーがいかにその表現を獲得したのか、アメリカ現代史やブラック・ライヴズ・マターと交差する作品と生涯をスリリングに描く。著者はマーカス・J・ムーア、翻訳は塚田桂子。

青木ロビン×Manukanによるzezecoのアルバム『燦然』1月19日発売

青木ロビン(downy)と沖縄を拠点に活動するManukanによるzezeco。来年1月19日にリリースされるアルバム『燦然』には全11曲を収録。中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES、THE SPELLBOUND)がミックスで参加した。チリのLeRockなど海外レーベルからのリリースも決定。12月8日には収録曲“然”を先行配信。カップリングはそれと対をなすアルバム未収録曲“N.E.Z”。

『シティ・オブ・ジョイ』4Kリマスター版で30年ぶりリバイバル上映

CITY OF JOY ©1992 - LIGHTMOTIVE LIMITED – PRICEL.

2月11日から上映イベント『未体験ゾーンの映画たち2022』ほかで公開される同作。製作30周年、主演のパトリック・スウェイジの生誕70年となる2022年に、4Kデジタルリマスター版で30年ぶりにリバイバル上映される。ひとりの少女の命を救えなかったことから自分の無力さに打ちひしがれ、救いを求めてインドのカルカッタにやって来たアメリカ人青年医師マックスが、医者として、人間としての意義と尊厳を取り戻していく姿を描いた作品だ。これまで1度もDVD化されてこなかった。1992年の日本初公開時に字幕翻訳を手掛けた戸田奈津子が再び字幕監修を担当。

平沢進、1996年のインタラクティブライブショー音源配信

11月27日に配信される『架空のソプラノ Interactive Live Show SIREN』は、平沢進が1996年に開催したインタラクティブライブショー『SIREN - 架空のソプラノ』の音源。「自己喪失に陥り、コンテキスト・ケイジに閉じ込められたヒラサワが自我同一性を回復する」というストーリーで、レーザー光線をオーディエンスが持ち込んだ鏡でリレーする「緑の神経網」という試みもなされた。1997年にショーの模様を収めたVHS、2007年にファンクラブ会員限定DVDがリリースされたが、音源のみの商品化は初。来年3月には約7年ぶりのインタラクティブライブショーを実施。

ICCの無響室で体験する、声のみを素材にした空間的な音楽作品

サウンドアーティストの細井美裕による音楽作品『Lenna』がICCで展示中だ。同作は声のみを素材にした空間的な音楽作品で、「音を作る環境、聴く環境を考え、実践するための作品」として制作。展示においては、無響室の独自の再生環境で立体的な音場を体験できる。事前予約が必須で、暗所閉所が苦手な方は体験にあたって注意が必要となっている。なお、細井美裕は『Forbes JAPAN 30 UNDER 30 2021』に大谷翔平、藤原麻里菜らとともに選出されたことでも知られる。

「100本のバナナ」の3Dデータが一斉オークション

クリエイター集団KonelがリリースしたNFTストア「100 COPIED BANANAS」では、市販のバナナを3Dスキャンし、そのデータをもとに3Dプリント、それを更に3Dスキャン、3Dプリントするというコピーサイクルを確立し、100回にわたってデジタル複製した「100本のバナナ」の3Dデータのオークションを日本時間12月1日12:00から実施。複製による価値の変化を観察する実験的プロジェクトとなる。

「UT」×ジョシュア・ヴィーダス、モノクロのミッキーマウスが登場

©Disney

ユニクロ「UT」は、ジョシュア・ヴィーダスとコラボレーションした「モノクローム ミッキーマウス アート by ジョシュア・ヴィーダス UT」を12月13日からユニクロ一部店舗およびオンラインストアで販売。「パイカットアイ」と呼ばれる目を持つクラシカルなミッキーマウスをブラックとホワイトのマーカーで描いたコレクションとなる。Tシャツとスウェットに加え、親子でリンクコーディネートが楽しめるキッズや豆皿を展開。

『セックス・アンド・ザ・シティ』続編がU-NEXTで今冬に独占配信

©2021 WarnerMedia Direct, LLC. All Rights Reserved. HBO Max™ is used under license.

2004年のシーズン6放送終了から17年、2010年の映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』から11年を経て、本国ではHBO Maxオリジナルシリーズとして12月に配信予定の続編『And Just Like That...(原題)』。U-NEXTでは見放題で独占配信される。メインキャストの1人、サマンサ役のキム・キャトラルは出演しないことが明らかになっているが、キャリー、ミランダ、シャーロットら登場人物たちのその後が描かれる。30代から50代になった彼女たちは、現在のニューヨークでどんな日々を送っているのか。その一部を垣間見れるティザー予告も公開中。

佐藤健と平手友梨奈がメディア初共演『クリスマスラジオ』12月17日OA

12月17日23:00からTOKYO FMをはじめとするJFN38局ネットで放送される特別番組『ハローしあわせ。佐藤健・平手友梨奈のクリスマスラジオ presented by Häagen-Dazs』では、ハーゲンダッツのCMに出演中の佐藤健と平手友梨奈がメディア初共演。お互いの印象や聞いてみたかったことを質問をしていくほか、リスナーから寄せられたクリスマスの思い出、エピソードを紹介する。特設サイトではメッセージを募集中。番組で紹介されると「ハーゲンダッツ ギフト券」をプレゼント。

オールナイト野外音楽イベント『FFKT 2022』来年5月28日、29日に開催

オールナイト野外音楽イベント『FFKT 2022』が5月28日、29日に長野・木曽郡木祖村のこだまの森で開催。海外を含むアーティストの出演が決定しており、後日発表される。第1弾早割チケットは数量限定で近日発売開始予定。メインビジュアルは長野出身の日本画家・春原直人が手掛けた。山を題材とする作品で新たな絵画のあり方、存在の可能性を模索する春原の作品が確認できる。

『石野卓球の地獄温泉2021』12月26日にLIQUIDROOMで開催

12月26日に恵比寿LIQUIDROOMで開催される『Nightmare After Christmas 石野卓球の地獄温泉2021 〜もうこれは、おべんとのイベント・リボリューションだ!!〜』。入場者全員に「『地獄温泉』史上で最も有用なグッズ」という「カップアイスのへら」がプレゼントされる。石野卓球は「今年も例年同様好きにDJしますのでノークレーム・ノーリターン&マリリンモンロー・ノーリターンということでお好きな方だけどうぞ」とコメント。チケットは11月27日10:00から販売開始。

映画『コーダ あいのうた』来年1月21日公開 予告編が到着

© 2020 VENDOME PICTURES LLC, PATHE FILMS

来年1月21日から公開される映画『コーダ あいのうた』は、フランス映画『エール!』のハリウッド版リメイク。『サンダンス映画祭』史上最多の4冠に輝き、同映画祭史上最高額の約26億円で落札された。「CODA」は「Children of Deaf Adults(耳の聴こえない両親に育てられた子供)」、音楽用語としては楽曲や楽章の締め=新たな章の始まりを意味する。予告編には、エミリア・ジョーンズ演じる​​主人公ルビーが歌の才能を見出されてバークリー⾳楽⼤学の受験を勧められるも両親に反対されるシーンや、手話と共にジョニ・ミッチェル“Both Sides Now”を歌唱する姿などが映し出されている。

コロナで閉店した渋谷Glad跡地に新ライブハウス「SHIBUYA RING」誕生

新型コロナウイルスの影響で閉店した渋谷Gladの跡地に新たなライブハウス「SHIBUYA RING」が誕生。会場の形状、再び音を鳴らすという意味を込めて「RING」と名付けられたとのこと。12月中旬にプレオープン期間がスタートし、2022年2月に正式オープン予定。4Fのフリースペースもオープンし、連動したフレキシブルなイベントが可能となる。6月には5、6Fにあるイベントスペースがオープン予定。2月1日~6日は「オープニングWEEK」として、惜しまれつつ引退したアイドルの1日限りの復活イベントやゲストによるライブを開催予定。

宇多田ヒカル“君に夢中”本日配信 デビュー記念日にPV公開

本日11月26日に配信リリースされた宇多田ヒカルの新曲“君に夢中”は、TBS系金曜ドラマ『最愛』の主題歌。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング“One Last Kiss”に続いてA・G・クックがプロデューサーとして参加した。PVはデビュー記念日の12月9日00:00にYouTubeでプレミア公開。現在ティザー映像を見ることができる。

いまおかしんじ監督のラブストーリー『神田川のふたり』来年公開

©2021 サニーレイン

11月24日にクランクインし、来年公開されるいまおかしんじ監督の最新作『神田川のふたり』は、亡くなった同級生の意中の相手だった井の頭恩賜公園ボート乗り場の従業員にその想いを伝えるため、神田川沿いの側道を上って公園に向かう高校生の舞と智樹の心の距離が徐々に縮まっていく様を描く青春ラブストーリー。『スパゲティコード・ラブ』の上大迫祐希が舞役、『アルプススタンドのはしの方』の平井亜門が智樹役を演じる。脚本は川崎龍太と上野絵美。

「魔法のiらんど」の過去・現在・未来を紹介する特設ページ公開

1999年に無料ホームページ作成サイトとしてサービスを開始した「魔法のiらんど」が、11月25日に「Yahoo!ニュース オリジナル」にインタビュー記事が掲載された記念に特設ページ「魔法のiらんどの過去・現在・未来」を公開。これまでの歴史をふり返る年表や、昨年4月に小説投稿サイトに大幅リニューアルした魔法のiらんどのトピックなどを掲載している。「2000年代前半頃に流行した個人ホームページを参考にデザイン」されているため、2つ折りケータイでキリ番を狙い、自己紹介バトンやSSお題、日記を更新していた記憶の蓋がこじ開けられる。

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて