What's happening now

2022. 01.13

磯光雄監督『地球外少年少女』×『電脳コイル』コラボビジュアル

©MITSUO ISO/avex pictures・地球外少年少女製作委員会 ©磯 光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

井上俊之が描き下ろした『地球外少年少女』と『電脳コイル』のコラボビジュアルが公開された。『地球外少年少女』は、2007年にテレビアニメ『電脳コイル』で原作・脚本・監督デビューした磯光雄が、15年ぶりに原作・脚本・監督を務める2作目のオリジナルアニメ。1月28日から前編「地球外からの使者」、2月11日から後編「はじまりの物語」が各2週間限定で新宿ピカデリーほかで上映され、1月28日からNetflixで配信される。1月20日と27日にはBSフジで『地球外少年少女』のメイキング特番を放送。また1月22日から『電脳コイル』がBSフジで再放送、1月22日と23日にニコニコ生放送で一挙配信。

奥山由之の写真集『BEST BEFORE』に米津玄師が推薦コメント

奥山由之の写真集『BEST BEFORE』に寄せた米津玄師の推薦コメント「彼のユーモアにはいつだって心が動きます。光を見つけて切り取る力。尊敬しています。」が公開された。デビューから12年の間に手掛けてきたクライアントワークを纏めた同書には、米津玄師、あいみょん、星野源とのコラボや、ポカリスエットの広告写真、大河ドラマ『麒麟がくる』のメインビジュアル、『GINZA』のエディトリアルワーク、広瀬すず、菅田将暉、平手友梨奈、小松菜奈のポートレートを500ページ超にわたって収録。1月23日から代官山 蔦屋書店で先行販売、2月上旬から一般販売される。

山田杏奈×奥平大兼がW主演、青春ミステリー『早朝始発の殺風景』

今年放送、配信される『WOWOWオリジナルドラマ 早朝始発の殺風景』は、青崎有吾の短編集『早朝始発の殺風景』をもとにした全6話の「密室型」青春ミステリー。山田杏奈が殺⾵景役、奥平大兼が加藤木役でダブル主演を務める。ほぼ全編が2人芝居で、第1話で偶然出会い、早朝始発に乗車した理由の探り合いから、最終話まで繋がっていく会話劇が展開される。監督は『大豆田とわ子と三人の元夫』の瀧悠輔と、『私の家政夫ナギサさん』の坂上卓哉。脚本を『夢中さ、きみに。』の濱田真和、脚本監修を岡田惠和が手掛け、音楽を田渕夏海が担当した。

きゃりーぱみゅぱみゅが『コーチェラ』に出演

きゃりーぱみゅぱみゅがアメリカの野外音楽フェス『Coachella Valley Music and Arts Festival』に出演する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期を余儀なくされてきた同イベントは2年ぶりの開催となる。4月15日から4月24日にかけて行なわれ、きゃりーぱみゅぱみゅは4月16日と23日に出演予定。ヘッドライナーとしてハリー・スタイルズ、ビリー・アイリッシュ、Yeが登場する。

中村佳穂の新AL『NIA』3月発売、石若駿を迎えた新曲を先行配信

中村佳穂のニューアルバム『NIA』が3月23日にリリース。石若駿を迎え、1月19日に先行配信される新曲“さよならクレール”や、既発曲“アイミル”などが収められる。初回限定盤付属のBlu-rayには林響太朗監督のライブ作品『LIVEWIRE 中村佳穂』を全編収録。2月9日までに対象の店舗・ECショップでアルバムを予約購入すると、特典として『NIA』レコーディング中にスタジオで弾き語りした音源を収録した8センチCD『中村佳穂“弾き語り楽曲(未発表 ver.)”』が付属する。

マーガレット・クアリー×シガニー・ウィーバー共演作が5月公開

9232-2437 Québec Inc - Parallel Films (Salinger) Dac © 2020 All rights reserved.

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』が5月6日から公開される。『第70回ベルリン国際映画祭』オープニング作品の同作は、ジョアンナ・ラコフの自叙伝『サリンジャーと過ごした⽇々』をもとに、1990年代ニューヨークの⽼舗出版エージェンシーでJ・D・サリンジャー担当マーガレットの編集アシスタントとして働くジョアンナが、世界中から届くサリンジャーへのファンレターに個⼈的に⼿紙を返し始めることで、自分を見つめ直す物語。作家を夢⾒るジョアンナ役をマーガレット・クアリー、マーガレット役をシガニー・ウィーバーが演じた。監督・脚本はフィリップ・ファラルドー。

いとうせいこう、あっこゴリラらが出演 再エネ100%ライブ無料配信

再エネ100%ライブ『再エネスタートWEEK - FRIDAY LIVE GET ENERGY YOU WANT』が1月28日18:30からLOFTのYouTubeチャンネルで無料配信される。2050年カーボンニュートラルの実現を目指して環境省が進める「再エネスタートWEEK」。いとうせいこう is the poet、佐藤タイジ、あっこゴリラのライブ、NAZWA!(Watusi+Naz Chris)のDJに加え、いとうせいこう、佐藤タイジ、あっこゴリラ、Climate Live Japan、川又孝太郎(環境省)、Naz Chris、加藤梅造(LOFT PROJECT)らによるカンファレンスを行なう。会場は下北沢Flowers Loft。

ホアキン・フェニックス主演×A24製作『カモン カモン』4月公開

© 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

マイク・ミルズ監督・脚本、A24製作の映画『カモン カモン』が4月から公開。ニューヨークで暮らすラジオジャーナリストのジョニーと、9歳の甥ジェシーの突然始まった共同生活をモノクロで描く。ホアキン・フェニックスがジェシーに振り回されるジョニー役、好奇心旺盛で風変りなジェシー役をウッディ・ノーマンが演じる。音楽をThe Nationalのアーロン・デスナーとブライス・デスナーが担当。劇中にはホアキンがアメリカの子供たちにインタビューする映像も散りばめられているとのこと。日本版ビジュアルも到着。

堤真一、森田剛、西野七瀬ら共演 アーサー・ミラー『みんな我が子』

アーサー・ミラー作、リンゼイ・ポズナー演出の舞台『COCOON PRODUCTION 2022 DISCOVER WORLD THEATRE vol.12「みんな我が子」-All My Sons-』は、第二次世界大戦後のある家族の葛藤と崩壊を描く作品。家族のため生きる父ジョー・ケラー役を堤真一、家族を愛する母ケイト役を伊藤蘭、長男クリス役を森田剛、戦争で行方不明となった次男ラリーの婚約者アン・ディーヴァー役を西野七瀬、アンの兄ジョージ役を大東駿介、ケリー家の隣人ドクター・ジム役を山崎一が演じる。翻訳は広田敦郎。5月10日からBunkamura シアターコクーン、6月3日から森ノ宮ピロティホールで上演される。

ALI、R-指定を迎えた新曲“TEENAGE CITY RIOT”を2月にリリース

R-指定を迎えたALIの新曲“TEENAGE CITY RIOT feat. R-指定”が2月23日に配信リリースされる。LEO(Vo)を中心にした多国籍バンドALI。約半年の休止期間を経て、昨年11月に活動を再開した。復帰第1弾デジタルシングルとなる同曲のリリースを記念して、ワンマンライブツアー『INGLOURIOUS EASTERN COWBOY TOUR2022』を3月5日に梅田CLUB QUATTRO、3月21日に渋谷Spotify O-EASTで開催。チケットのオフィシャル先行予約は1月23日まで受付中。

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて