小池一子の軌跡に迫る展覧会が1月22日から3331 Arts Chiyodaで開催

2022. 01.18

小池一子の軌跡を辿る『オルタナティブ! 小池一子展 アートとデザインのやわらかな運動』が1月22日から3331 Arts Chiyodaで開催。小池が1959年以降に手掛けた200点以上の広告ポスター、書籍、雑誌などを紹介する「中間子」、佐賀町エキジビット・スペースで見出した横尾忠則、森村泰昌、大竹伸朗らが1980年~90年代に制作した作品約40点を展示する「佐賀町」の2部構成となる。さらに小松真弓によるインタビュー映像や内藤礼の作品を公開するほか、小池の教え子たちが制作したアイテムを販売し、小池の著書などを閲覧できる「アーカイブティック Archi-boutique」も開設。2月23日には巻上公一らが出演するイベントも行なわれる。

2022年1月18日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて