What's happening now

2022. 03.11

amazarashiのホールツアー『ロストボーイズ』5月から6都市で開催

4月13日にニューアルバム『七号線ロストボーイズ』をリリースするamazarashiのホールツアー『ロストボーイズ』の開催が発表された。5月3日に北海道カナモトホール、5月21日にリンクステーションホール青森、6月7日に福岡サンパレス、6月9日にグランキューブ大阪、6月24日に東京ガーデンシアター、6月26日に愛知芸術劇場を巡回。チケットの「APOLOGIES」会員のみの先行予約は3月12日12:00からスタート。アルバム特設サイトでは収録内容やアートワークを公開。

『明日カノ』に吉川愛、横田真悠、齊藤なぎさ、箭内夢菜、宇垣美里

©「明日、私は誰かのカノジョ」製作委員会・MBS

ドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』の主要キャスト5人が発表された。4月12日からMBS/TBSドラマイズムで放送される同作は、をのひなおが漫画アプリ「サイコミ」で連載中の漫画を実写化する作品。「レンタル彼女編」「パパ活編」「整形編」「ホスト編」で構成される。レンタル彼女でお金を稼ぐ主人公・雪役に吉川愛、孤独や寂しさを男性で紛らわせてしまうリナ役に横田真悠、歌舞伎町のホストクラブに通うゆあ役に齊藤なぎさ(=LOVE)、「私は『私』を持っている」と信じる萌役に箭内夢菜、外見の美しさを求めて整形を繰り返す30代の彩役に宇垣美里がキャスティング。

『アネット』アダム・ドライバー×マリオン・コティヤールがデュエット

©2020 CG Cinéma International / Théo Films / Tribus P Films International / ARTE France Cinéma / UGC Images / DETAiLFILM / Eurospace / Scope Pictures / Wrong men / Rtbf (Télévisions belge) / Piano

レオス・カラックス監督の最新作『アネット』の新たな本編映像が到着した。4月1日から公開される同作は、原案と音楽をSparksが手掛けた全編英語ミュージカルの「ダークファンタジーロックオペラ」。映像は、製作プロデューサーも務めたアダム・ドライバー演じるスタンダップコメディアンのヘンリー、マリオン・コティヤール演じるアンのデュエットシーンを切り取ったもので、2人が恋に落ちていく想いが込められているとのこと。何か月も歌の特訓を受けたというアダム・ドライバーは「音楽と脚本を担当したスパークスと監督のレオスが求めるサウンドはとても明解で、物語を語ることが最優先だった」とコメント。

笹公人と北村みなみの短歌×イラストのコラボ歌集『パラレル百景』

歌人・笹公人とアニメーション作家、イラストレーターの北村みなみのコラボ歌集『パラレル百景』が3月15日に刊行。2017年にスタートして以来、笹の短歌を北村がイラストで表現するというスタイルで45作を公開してきたTwitterの連載を書籍化したものとなる。書籍化にあたって未発表の新作(短歌+イラスト)5作を描き下ろし、全50作品を収録。巻末付録として、笹の短歌をお題に北村が描き下ろしたオリジナル漫画3作品も掲載される。塩塚モエカ(羊文学)は帯文に「カラフルな飴玉みたいな二人の世界。ページをめくる度、日常が小さな物語に変わる。」とコメント。3月13日には刊行記念トークイベントが青山ブックセンター本店で開催される。

久住昌之トークライブ『孤独のグルメの素』が3月23日に無料配信

『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之のオンラインイベント『孤独のグルメの素』が3月23日20:00から無料配信。久住が日々の街歩きや旅先で出会った味のあるジャケ(外観)の飲食店、謎の看板や張り紙、『孤独のグルメ』の制作裏話などを紹介する。

『コロナ時代の銀河 朗読劇「銀河鉄道の夜」』英&仏字幕版無料配信

©朝岡英輔

『コロナ時代の銀河 朗読劇「銀河鉄道の夜」』の英語字幕版、フランス字幕版が無料配信されている。東北の地を思って2011年に生まれた朗読劇『銀河鉄道の夜』。古川日出男が宮沢賢治の原作を公演ごとに新たなオリジナル脚本に仕上げ、管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸と共に10年にわたって活動してきた。昨年公開された『コロナ時代の銀河 朗読劇「銀河鉄道の夜」』は、廃校を舞台にした無観客野外朗読劇『コロナ時代の銀河』の模様を河合宏樹が記録し、編集したライブ映像作品。英語字幕は柴田元幸とデビッド・ボイド、フランス語字幕は杉江扶美子とフランソワ・モルガンが翻訳と監修を手掛けた。

乃木坂46「新・華の2001年組」ユニット曲“価値あるもの”PV公開

乃木坂46の新曲“価値あるもの”のPVが公開された。3月23日にリリースされる29thシングル『Actually…』初回仕様限定盤Type-Aに収録される同曲は、今年新成人となった8人のメンバーによる「新・華の2001年組」のユニット曲。今は叶わないものの、世界中や宇宙へ、いつか旅に出かけられる日が来るかもしれないと、映像の中だけの旅行をコンセプトに制作されたという。センターは久保史緒里。監督は乃木坂46“ごめんねFingers crossed”“歳月の轍”“君に贈る花がない”“Wilderness world”のPVを手掛けた東市篤憲。

『JAPAN JAM 2022』に櫻坂46、indigo la End、女王蜂ら6組追加

5月1日、3日〜5日、7日に千葉市蘇我スポーツ公園で開催される『JAPAN JAM 2022』の全出演者60組が出揃った。新たに発表されたのは、5月1日に出演するKEYTALK、櫻坂46、5月3日に出演するMr.ふぉるて、5月4日に出演するindigo la End、5月5日に出演するSHANK、5月7日に出演する女王蜂。会場はレイアウトを大きく変更し、10万人以上収容可能な1つのステージエリアに2つのメインステージを設置。両ステージでシームレスに演奏が行なわれるため、全出演者のライブを観賞することもできる。チケットの第3次抽選先行予約は3月14日12:00まで受付中。

ギレルモ・デル・トロ『ナイトメア・アリー』キャラポスター到着

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

3月25日公開のギレルモ・デル・トロ監督『ナイトメア・アリー』のキャラクターポスターが到着した。『第94回アカデミー賞』4部門にノミネートされた同作は、ノワール小説の伝説的傑作といわれる『ナイトメア・アリー 悪夢小路』を映画化したサスペンススリラー。ポスターには、ショービジネスで成功を夢見る主人公スタン役のブラッドリー・クーパーをはじめ、スタンを取り巻く役を演じるルーニー・マーラ、トニ・コレット、デヴィッド・ストラザーン、ケイト・ブランシェット、ウィレム・デフォー、ロン・パールマン、リチャード・ジェンキンス、メアリー・スティーンバージェンの姿が写し出されている。

アジカン、ROTH BART BARON参加曲のPVを本日21:00にプレミア公開

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲“You To You (feat. ROTH BART BARON)”のPVが本日3月11日21:00にプレミア公開。現在配信中の同曲は、3月30日にリリースされる10thアルバム『プラネットフォークス』に収録。PVにはASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーに加えて三船雅也(ROTH BART BARON)が出演している。 新たなアーティスト写真も公開。

ドキュメンタリー『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』6月公開

マーク・カズンズ監督『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』が6月10日から公開される。『第74回カンヌ国際映画祭』で公式上映された同作は、これまでの人生で「約1万6千作品以上は観ていると思う」という監督がナレーターを務め、2010年から2021年に公開された「傑作映画」111作品にフォーカスしたドキュメンタリー。『アナと雪の女王』『ジョーカー』『光の墓』『ミッドサマー』など近年の映画史を紐解くと共に、パンデミックの中で進化していくデジタル配信の可能性、進化を続ける映像技術を紹介し、映画がもたらす希望、力、革新を語っている。なお一番好きな映画は今村昌平監督『にっぽん昆虫記』とのこと。

『2034 今そこにある未来』を深掘りするポッドキャストが本日配信スタート

©Years and Years Limited 2019

スターチャンネルEXで配信中のBBC、HBO共同製作ドラマ『2034 今そこにある未来』の魅力に迫る『2034 PODCAST』が本日3月11日から配信される。中国では放送禁止の同ドラマは、2019年から2034年までの社会情勢を、マンチェスターの一般家庭の視点から、ブラックユーモアを交えて風刺した作品。過激な発言で注目を集め、コメンテーターから首相に上り詰めるヴィヴィアン・ルック役をエマ・トンプソンが演じた。『2034 PODCAST』ではMCのダースレイダーが北丸雄二、永田夏来と共に物語の背景となる社会問題や時代背景を深掘りする。

成田凌、葵わかなW主演『パンドラの鐘』蜷川実花によるビジュアル公開

蜷川実花が撮り下ろした舞台『COCOON PRODUCTION 2022 NINAGAWA MEMORIAL「パンドラの鐘」』のビジュアルが公開。シアターコクーン前芸術監督を務め、今年で七回忌を迎える蜷川幸雄の長女・蜷川実花が「祝祭」「祈り」「鎮魂」「希望」といった作品のテーマに、独自の色彩感覚を織り込んで完成させた。作を野田秀樹、演出を杉原邦生が手掛けた同作は6月6日からBunkamura シアターコクーン、7月2日から大阪・森ノ宮ピロティホールで上演。葬式屋ミズヲ役の成田凌、女王ヒメ女役の葵わかなのダブル主演となる。

ウェス・アンダーソン『フレンチ・ディスパッチ』Blu-ray+DVDセット4月発売

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』 3月16日(水)デジタル配信開始(購入) 3月30日(水)デジタル配信開始(レンタル) 4月27日(水)ブルーレイ+DVDセット発売 © 2022 20th Century Studios. 発売:ウォルト・ディズニー・ジャパン

ウェス・アンダーソン監督『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』のBlu-ray+DVDセットが4月27日にリリース。20世紀フランスの架空の街を舞台に、急死した編集長の遺言によって『フレンチ・ディスパッチ』誌の廃刊が決定することから物語が展開する同作には、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティモシー・シャラメらが出演した。初回限定仕様として、物語を構成する1つのレポートと3つのストーリーのポスター4種をデザインしたミニステッカーが封入。3月16日にデジタル配信(購入)、3月30日にデジタル配信(レンタル)が開始する。予告編も到着。

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて