「神戸連続児童殺傷事件」遺族の25年を追うカンテレ『ザ・ドキュメント』

2022. 05.19

『ザ・ドキュメント 罪の行方 ~神戸連続児童殺傷事件 被害者家族の25年~』が5月20日25:25からカンテレで放送される。1997年に神戸で5人の小学生が殺傷され、当時14歳の「少年A」が逮捕された「神戸連続児童殺傷事件」。被害者家族の人生を見つめた同番組では、被害者の権利の獲得と少年法の改正を求める活動を続けている遺族・土師守の今日までを振り返る。ナレーターを担当した大東駿介は、「被害に遭った人が、次に自分たちのように苦しむ人が生まれないように活動してくれていると知って、自分に何ができるのかということをすごく考えました」と語っている。

2022年5月19日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて