60年分の広告を味わう 六本木 文喫『ことバー』展が6月5日まで会期延長

2022. 05.19

60年分の広告、キャッチフレーズ、コピーを味わう展覧会『ことバー』の会期延長が決定。6月5日まで六本木 文喫で開催されている。東京コピーライターズクラブによる同展では、1963年の初刊から約60冊におよぶ広告収録本『コピー年鑑』を展示。店内の演出を浜辺明弘が手掛けた。同時展示中の『2021年の言葉たち』では、著名人やコピーライターの「2020~2021年の自分に刺さったことば」を広告コピー以外から集めて紹介している。5月20日には中島岳志と尾上永晃、5月21日には東畑開人と東畑幸多、5月26日には内田也哉子と高崎卓馬のトークイベントを実施。配信も行なう。

2022年5月19日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて