エイドリアン・トミネの自叙伝『長距離漫画家の孤独』刊行

2022. 05.20

エイドリアン・トミネの自叙伝『長距離漫画家の孤独』が刊行。『ニューヨーカー』誌のカバーで知られ、ジャック・オディアール監督『パリ13区』の原作者でもあるエイドリアン・トミネがいかにして数多の屈辱、災難を乗り越えてグラフィックノべリストとして名声を築いたかを描く回想録。オフィシャルサイトには江口寿史、アラン・ムーア、リチャード・マグワイア、リサ・ハナウォルトのコメントが掲載されている。翻訳は長澤あかね。初版はゴムバンド付きノートブック特製仕様。

2022年5月20日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて