三浦建太郎『ベルセルク』が連載再開、監修は森恒二

2022. 06.07

漫画『ベルセルク』の連載が再開。6月24日刊行の『ヤングアニマル』13号に2話掲載される。同作は巨大な剣を背負う「黒い剣士」ガッツの壮絶な生き様を描くファンタジー。作者の三浦建太郎が昨年に急性大動脈解離で急逝したため、休載となっていた。再開後のクレジットは「原作・三浦建太郎 漫画・スタジオ我画 監修・森恒二」となるとのこと。三浦の親友であったという森恒二は、最終回までの物語を知っていることを明かし、「皆さんにお断りと約束があります。なるべく詳細を思い出し物語を伝えます。そして三浦が自分に語ったエピソードのみやります。肉付けはしません。はっきり覚えてないエピソードもやりません。三浦が自分に語った台詞、ストーリーのみやります。当然完全な形にはならないでしょう。しかし三浦が描きたかった物語をほぼ伝えられるとは思います」と述べている。

2022年6月7日のニュース一覧へ 新着記事一覧へ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて