What's happening now

2022. 06.24

ブラッド・ピット主演『ブレット・トレイン』キャラポスター11種

『ブレット・トレイン』(原題: BULLET TRAIN)9月1日(木)全国の映画館で公開

デヴィッド・リーチ監督『ブレット・トレイン』のキャラクターポスター11種が到着した。9月1日から公開される同作は、伊坂幸太郎の小説をもとに、ブラッド・ピット演じる「世界⼀運の悪い殺し屋」レディバグの「人生最悪な120分間」を描くアクション映画。ポスターにはレディバグ、ジョーイ・キング演じる学生プリンス、アーロン・テイラー=ジョンソンとブライアン・タイリー・ヘンリー演じる殺し屋コンビのタンジェリン&レモン、バッド・バニー演じる殺し屋ウルフ、ザジー・ビーツ演じる暗殺者ホーネット、アンドリュー・小路演じる元殺し屋キムラ、真田広之演じる剣の達人エルダー、マイケル・シャノン演じる世界最大の犯罪組織を率いるホワイト・デス、ローガン・ラーマン演じるホワイト・デスの息子サン、⼈気マスコットキャラクター・モモもんが登場する。

記事を見る

香取慎吾、明治座での生バンド公演『東京SNG』Blu-ray&DVD化

香取慎吾のソロ公演『香取慎吾 二〇二二年 四月特別公演 東京SNG』の模様を収めたBlu-rayとDVDのリリースが決定。4月に明治座で開催された同公演では、「タキシードが似合う音楽」をコンセプトに生バンドの演奏でパフォーマンスを披露した。16ページのスペシャルフォトブックも同梱。7月10日までに予約すると一般価格から390円割引されるほか、クリアファイルが付属する。さらに6月26日までに予約すると抽選で20人に名前とサイン入りグッズもプレゼントされる。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

記事を見る

塚本晋也監督『野火』全国で8年目のアンコール上映

©SHINYA TSUKAMOTO / KAIJYU THEATER

塚本晋也監督の映画『野火』が終戦記念日の8月15日を中心に全国でアンコール上映される。2015年に初公開された同作のあらすじは、日本軍の敗戦が色濃くなった第二次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、塚本晋也演じる田村一等兵が空腹と孤独、熱さと戦いながら原野を彷徨うというもの。塚本監督は「戦争に近づかないためにできることー。そのことを考えるとき、まず、この『野火』を観ていただきたいと思います」と語っている。7月5日20:30から『野火』メイキング無料オンライン上映会を監督のQ&A付で開催。6月28日20:00からPeatixで申し込み受付開始。

記事を見る

『長岡 米百俵フェス』第1弾で石崎ひゅーい、松下洸平、日向坂46ら

10月7日から3日間にわたって新潟・東山ファミリーランドで開催される『長岡 米百俵フェス ~花火と食と音楽と~ 2022』の第1弾出演アーティストが発表。石崎ひゅーい、Awesome City Club、海援隊、ゴスペラーズ、佐藤ひらり、JUNNA、鈴木愛理、竹原ピストル、ナオト・インティライミ、Bitter & Sweet、ひなた、日向坂46、ファーストサマーウイカ、降幡愛、松浦航大、松下洸平、Little Glee Monster、wacciがラインナップしている。一般3日間通し券が本日6月24日18:00〜、長岡市民割引3日通し券が7月1日10:00〜販売開始。オープニングアクトとしての出演権を得られるオーディションのエントリーも受付開始。

記事を見る

Sexy Zone中島健人が世界の監督3人に英語でインタビュー

『中島健人の今、映画について知りたいコト。』第19回が7月1日22:00からWOWOWプライムで放送、WOWOWオンデマンドで配信される。今回は「世界の名監督3人に聞き尽くす!~今、映画について考えているコト」と題して、中島健人が英語でオンラインインタビューを実施。『キャメラを止めるな!』のミシェル・アザナヴィシウス監督、『007/カジノ・ロワイヤル』のマーティン・キャンベル監督、『わたしは最悪。』のヨアキム・トリアー監督に迫る。中島健人は「久々に大物監督たちに英語でインタビューしたので、グローバルな中島健人が楽しめると思います」とコメント。ナレーターは津田健次郎。

記事を見る

ONE OK ROCKの新曲“Save Yourself”本日リリース&9月9日に新アルバム発売

ONE OK ROCKの新曲“Save Yourself”が本日6月24日にリリース。9月9日には約3年半ぶりのニューアルバム『Luxury Disease』がリリースされる。同曲は「セイコー プロスペックス」CMソングに起用。大谷翔平選手が出演するCMが本日からオンエアされている。また本日20:30頃からメンバー4人による生配信、21:00にPVのプレミア公開を実施。アルバム全体のプロデュースはロブ・カヴァロが務めた。“Save Yourself”をはじめ、“Renegades”“Broken heart of Gold”“Wonder”など全15曲を収録予定。初回限定盤にのみStudio Jam Sessionの映像を収録した特典DVDが付属する。同アルバムの輸入盤International Versionは英語詞を中心とし、収録内容が一部異なる。

記事を見る

WONK、初の日本語詞曲“Umbrella”のPVが本日22:00にプレミア公開

WONKのニューアルバム『artless』より初の日本語詞曲“Umbrella”のPVが本日6月24日22:00にプレミア公開。同曲では「傘」をモチーフに視点や地点を変えながら世代や立場、環境の異なる1人1人の情景を描いている。PVはmaxillaが制作。長塚健斗は「この曲は、アルバム制作合宿の初日にメンバーから日本語詞という提案をもらい、江崎の弾くメロディーに呼応して歌詞を綴った1曲です。傘をテーマにしたのは、ある雨の日、駅前にいる人々の様子を見てイメージが湧いたから。自分の立場に近い人にも、遠い人にも、差し伸べる優しさを持っていたいという気持ちを込めました」とコメントしている。

記事を見る

Dannie May、筧美和子主演『イケメン共よ メシを喰え』主題歌を担当

Dannie Mayが真夜中ドラマ『イケメン共よ メシを喰え』の主題歌“ぐーぐーぐー”を書き下ろした。キャリア初の地上波ドラマ主題歌タイアップとなる。7月9日から毎週土曜24:00〜BSテレ東、BSテレ東4K、25:00〜テレビ大阪で放送される同作は、食べることが苦手な編集者・池田好美が、イケメンと食事をすると食欲が増進することに気付き、少食改善のため「イケメンごはん」を追求することを誓うというあらすじ。筧美和子、井上祐貴、竹中直人が出演する。ひかりTVでは1週間先行配信。“ぐーぐーぐー”の配信日などの詳細は後日発表される。

記事を見る

イム・デヒョン監督が来日、『ユンヒへ』Blu-ray&DVD発売記念イベント

©2019 FILM RUN and LITTLE BIG PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画『ユンヒへ』のBlu-rayとDVDが11月4日にリリース。記念イベントが7月2日にシネマート新宿で開催される。同作は韓国の地方都市で暮らすシングルマザーのユンヒが初恋の女性から1通の手紙を受け取ったことから始まるラブストーリー。イベントにはイム・デヒョン監督、ジュン役の中村優子、マサコ役の木野花、リョウコ役の瀧内公美、リュウスケ役の薬丸翔、プロデューサーのコウ・キョンランが登壇する。チケットは本日6月24日22:00からオンライン、6月25日9:15から劇場窓口で販売開始。詳細はシネマート新宿のオフィシャルサイトで確認しよう。

記事を見る

曽我部恵一が音楽担当、映画『ビリーバーズ』サントラが7月8日リリース

曽我部恵一が音楽を担当した映画『ビリーバーズ』のサウンドトラック『ビリーバーズ - Original Sound Track』が劇場公開と同日の7月8日に配信リリースされる。1999年に連載された山本直樹による原作を実写映画化した『ビリーバーズ』。監督は『アルプススタンドのはしの方』や『女子高生に殺されたい』の城定秀夫が務めた。書き下ろし主題歌“ぼくらの歌”をはじめとする全27曲の収録曲は、曽我部がほぼ1人で全ての楽器を演奏し、一晩のうちにレコーディングしたもの。上映劇場と通販、PINK MOON RECORDSで限定プレスのアナログ盤が販売される。

記事を見る

大泉洋MC『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2にPerfumeら

©2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved

Amazon Original番組『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2が8月4日から配信される。マスクで正体を隠した有名人が実力勝負のパフォーマンスに挑み、出演者や視聴者がその正体を推理する同番組。MCを大泉洋が続投。パネリストにPerfume、児嶋一哉(アンジャッシュ)、MIYAVI、滝沢カレン、山崎弘也(アンタッチャブル)、森崎博之(TEAM NACS)、小林幸子、水野美紀、土屋アンナが名を連ねる。パネリストのメンバーは回によって異なる。

記事を見る

『Local Green Festival』第4弾でくるり、Nulbarich、マハラージャンら

9月3日、4日に横浜⾚レンガ地区野外特設会場で開催される『Local Green Festival’22』の第4弾出演アーティストが発表。9月3日にくるり、Nulbarich、odol、9月4日にKnxwledge、J.ROCC、マハラージャンがラインナップしている。チケット販売中。

記事を見る

ガンズ・アンド・ローゼズ来日、11月にさいたまスーパーアリーナ2DAYS

GUNS N' ROSESの来日公演が11月5日と6日にさいたまスーパーアリーナで開催される。現在のメンバーはボーカルのアクセル・ローズ、ギターのスラッシュとリチャード・フォータス、ベースのダフ・マッケイガン、ドラムのフランク・フェラー、キーボードのディジー・リードとメリッサ・リース。チケットは8月27日から販売される。

記事を見る

2023年度後期連続テレビ小説『ブギウギ』制作決定、笠置シヅ子がモデル

NHK2023年度後期連続テレビ小説が足立紳作『ブギウギ』に決定した。NHK連続テレビ小説第109作となる同作のモデルは笠置シヅ子。作曲家の指導を受けて人気歌手になった花田鈴子が、戦争によって状況が一変して不幸が重なるも、やがて1人で娘を育てながら舞台で歌い、「ブギの女王」と呼ばれるスター歌手への階段を駆け上る姿を描く。演出は福井充広、二見大輔、泉並敬眞ら。音楽を服部隆之が担当する。タイトルには音楽リズムのブギウギのように、このドラマで多くの人を明るく元気にしたいという思いが込められているという。

記事を見る

井上真央が母とのすれ違いに葛藤『わたしのお母さん』今秋公開

©2022「わたしのお母さん」製作委員会

映画『わたしのお母さん』が今秋に渋谷ユーロスペースほか全国で順次公開される。『人の望みの喜びよ』で『第64回ベルリン国際映画祭』ジェネレーション部門スペシャルメンションに輝いた杉田真一が監督と脚本を務めた同作は、互いの気持ちのすれ違いに葛藤する娘と母の心情を描く物語。母との関係に苦しむ主人公・夕子役を井上真央、悪気なく娘を傷つけてしまう母・寛子役を石田えり、夕子の妹・晶子役を阿部純子、弟の勝役を笠松将、夕子の夫役を橋本一郎、勝の妻役をぎぃ子、夕子のパート先のスーパーの店長役を宇野祥平が演じた。特報映像、酒井駒子と佐々木俊がタッグを組んだティザービジュアルも到着。

記事を見る

村上春樹が様々な「世間話」を披露する『村上RADIO』が6月26日に放送

村上春樹がDJを務める『村上RADIO~村上の世間話2~』が6月26日19:00〜TOKYO FMほかで放送。最近のエピソードや旅先での思い出、野球にまつわる話、幼少期のエピソード、海外の中古レコード店での値切り交渉など、様々な「世間話」が披露される。村上がセレクトするお気に入りの音楽も解説と共に紹介。村上は「日曜の夕べ、お茶でもワインでもビールでもなんでもいいです、適当に飲みながら、気楽にほいほいと聞き流していただければ幸いです」とコメント。

記事を見る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて